インフォームドコンセントTool

整形外科イラストLibrary

整形外科イラストLibrary

■編集 平泉 裕

定価 17,600円(税込) (本体16,000円+税)
  • i_cdrom.jpg
  • B5判  224ページ  オールカラー,CD-ROM付き
  • 2008年3月24日刊行
  • ISBN978-4-7583-0638-6

第一線の整形外科臨床医が語るインフォームドコンセント−イラスト集+インフォームドコンセントの実際例

患者さんへの疾患・治療法などの説明(インフォームドコンセント:IC)は,資料を探したり,何度も図を書いたりして,その説明を繰り返すことが多い。本書は,患者さんへの説明に際して使用できるイラスト集CD-ROMと,それらのイラストを用いた説明例を書籍としてまとめた。
書籍は,日常遭遇する機会の多い整形外科疾患を取り上げ,疾患の説明,検査法の説明,治療法の説明など患者さんへのインフォームドコンセントが必要となる場面を想定し,「患者さんにわかりやすい」イラストを中心に,易しい文章で説明している。
CD-ROMには書籍で使われているイラスト(430点)を収録した。使い勝手を考慮し,データでは本文にある引出線・文字は割愛してある。


序文

巻頭言

 近年,整形外科医の臨床現場では事務的作業を含めた業務量が増加の一途をたどっており,診療,検査,手術を含めた一つ一つの医療行為に対してインフォームドコンセント(説明を受けた上での同意)が求められるようになってきた。しかも,患者さんとその家族が十分に理解されることが同意を得る上での必須条件とされてきたが,脊椎,上肢,下肢と多岐にわたる疾患領域を専門領域とする整形外科医が疾患ごとに資料を収集したり分かり易いイラストを描くのはとても困難な作業といえる。
 この度,『インフォームドコンセントTool 整形外科イラストLibrary』を発刊することになり,各疾患領域の臨床現場で活躍するエキスパートにインフォームドコンセントの現場で一番必要とされるイラスト(説明図)を描いていただいた。加えて,インフォームドコンセントでは何を話すべきかという例文を易しい文章で御執筆いただいた。本書にはオールカラーのイラスト430点と写真130点を収載することができ,整形外科領域で経験する頻度の高い疾患をほぼ網羅することができた。さらに本書のイラストを現場で役立てていただくためにイラストデータをCD-ROMに収載した。
 本書は豊富なイラストと易しく書かれた説明文が特徴であることから,若手の整形外科医や研修医,さらに整形外科以外の臨床医が整形外科の入門用教科書として御活用いただくことも可能である。本書に玉稿を御提供いただいた執筆者の先生方,ならびに理解しやすいイラストに仕上げてくださったメジカルビュー社スタッフの方々に感謝申し上げる次第である。

2008年2月
平泉 裕 昭和大学医学部整形外科学教室准教授
全文表示する

目次

■頚 椎
 1 頚部脊柱管狭窄症・頚髄症  湯川泰紹
 2 頚椎椎間板ヘルニア  末綱 太
 3 頚椎・胸郭出口症候群  西田 淳ほか
 4 外傷性頚部症候群(むち打ち損傷)  遠藤健司
 5 関節リウマチ頚椎障害  小田剛紀
■腰 椎
 1 腰部脊柱管狭窄(症)  矢吹省司
 2 腰椎椎間板ヘルニア  笹生 豊
 3 腰椎変性すべり症  山崎昭義
■脊椎・脊髄
 1 脊髄・馬尾腫瘍  吉原永武
 2 骨粗鬆症・圧迫骨折  星野雅俊ほか
 3 脊椎・脊髄損傷  小西宏昭
■上 肢
 1 腱板断裂  杉本勝正
 2 肩関節脱臼,亜脱臼,不安定症  大前博路
 3 上腕骨顆上,顆部骨折  稲垣克記
 4 橈骨遠位端骨折  原 正道ほか
 5 手指の骨折・脱臼  瀧川宗一郎
■下 肢
 1 変形性股関節症  福田寛二
 2 大腿骨頚部・骨幹部骨折  生田拓也
 3 膝内障(半月板・靭帯)  遠山晴一
 4 変形性膝関節症  大越康充
 5 膝蓋骨・下腿骨骨折  堀之内達郎
 6 アキレス腱断裂  安田稔人
 7 外反母趾  田中康仁
全文表示する