見て学ぶ理学療法の極意

イラスト理学療法 ブラウン・ノート

1176のイラストで極める

イラスト理学療法 ブラウン・ノート

■編集 柳澤 健

定価 6,160円(税込) (本体5,600円+税)
  • B5判  324ページ  2色,イラスト1,200点
  • 2007年10月31日刊行
  • ISBN978-4-7583-0684-3

在庫僅少です。


理学療法士養成校の学生さんがイラスト問題に対応するのための「対処法とツボ」を解説した「見て学ぶイラスト集」!!

「理学療法士 国家試験」の「既出問題」を眺めて見ると,実は「数多くのイラスト」を呈示した出題がなされ,「適切なのはどれか」「適切でないのはどれか」という極めて単純な出題のされ方が多いことがわかる。つまり,見て知っていれば,あるいは,「正しい評価法」と「誤った評価法」あるいは「正しい理学療法」と「誤った理学療法」を確実に理解していればわかる単純な問題が問われているのである。本書は,実際に国試にて出題された「既出問題」の中の「イラスト」をもとに,関連の深いイラストごとに並べ替え,簡単な「解説」をつけた。「イラストが呈示されていない文章のみの問題」の中でも重要なものがあればピックアップしてイラスト化してある。さらに,足りないもの,あるいは今後,国試にて出題される可能性の高いイラストについても新たに追加して盛り込んである。本文は,「理学療法評価学」では「正しい評価法,誤った評価法,ナンセンス」,「理学療法治療学」では「正しい理学療法,誤った理学療法,禁忌(+ナンセンス)」に沿って,イラストと簡単な解説をつけてある。項目ごとに,それぞれ冒頭で「ねらい」を明確に示し,学生の方々に役立つ「アドバイス」なども盛り込んである。項目ごとに,『理学療法士 イエロー・ノート 専門編』の「本文参照ページ」も入れ,連動して学習できるように工夫してある。本書は「国試対策」のみならず,「学内試験対策」にも威力を発揮する「見て学ぶイラスト集」である。


序文

 平成17年に『理学療法士 イエロー・ノート 専門編』が刊行されて2年が経過しました。本書『イラスト理学療法 ブラウン・ノート』の企画は『イエロー・ノート』の多くのユーザからのご要望・ご意見により実現しました。
 平成13年に「理学療法士・作業療法士国家試験出題基準」(厚生労働省)が改正されたことで,『理学療法士 イエロー・ノート 専門編』では,この「国家試験出題基準(ガイドライン)」の内容を忠実に網羅して編集されました。本書『ブラウン・ノート』は『イエロー・ノート』をベースにし,イラストで理解する理学療法として企画されました。理学療法士国家試験問題の専門編では「100問中40問」がイラストに特化した出題です。一般問題(60問)が「1問1点」であるのに比べ,イラスト問題は「1問3点」という高配点であることも知られています。このことからも,イラスト問題はきわめて重要であることを物語っています。
 本書は「I 理学療法評価学(基本的評価法9項目)」と「II 理学療法治療学(1運動療法 2物理療法 3義肢・装具 4日常生活活動の22項目)で構成され,正しい理学療法評価法・理学療法治療学に加え,誤った評価法・治療法,禁忌,ポイント,アドバイスなどに分類され,きわめて一目瞭然なイラスト編集に工夫がなされています。
 イラストは,親しみのある癒し系の絵を描くことで有名な中沢ゆいさんにお願いしました。筆者・編者からの細かな要望にも十分応えていただきました。
 本書は,大学や専門学校の理学療法学科(専攻)の学生だけでなく,病院・施設・診療所などで従事している理学療法士や医療従事者にとっても“目から鱗”といったイラストに出会う箇所が多々あり,必ず役立つと考えています。
 本書『イラスト理学療法 ブラウン・ノート』と『理学療法士 イエロー・ノート 専門編』との併用でより効率的な学習が期待できます。なお,本書の不備な点については,読者諸氏の御教示をお願いしたいと思います。
 発刊にあたり,本書の編集に多大なご協力をいただいたメジカルビュー社のスタッフの方々に深謝します。

平成19年9月
首都大学東京
柳澤 健
全文表示する

目次

I 理学療法評価学
 基本的評価法
  ROM測定
  MMT
  四肢周径測定
  四肢長測定
  呼吸器機能検査
  循環器機能検査
  病的反射検査
  ブルンストロームテスト
  バランス反応
II 理学療法治療学
 運動療法
  整形外科
  中枢疾患
  呼吸器疾患
  循環器疾患
  その他
 物理療法
  超音波
  温熱寒冷
  電磁波
  電気刺激
  牽引療法
  バイオフィードバック
  その他
 義肢・装具
  大腿切断
  下腿切断
  下肢装具
  上肢・体幹装具
 日常生活活動(ADL)
  脳卒中
  脊髄損傷
  パーキンソン病
  関節リウマチ(RA)
  整形外科疾患
  その他
全文表示する

関連する
オススメ書籍