眼科インストラクションコース 1

白内障手術 核分割完全マスター

白内障手術 核分割完全マスター

■担当編集委員 黒坂 大次郎
白神 史雄

定価 10,450円(税込) (本体9,500円+税)
  • A4変型判  156ページ  カラー
  • 2004年10月29日刊行
  • ISBN978-4-7583-0705-5

白内障の核分割からI/Aまでをビデオチェックポイントとシェーマで把握できる

白内障手術の「核分割とその後の処理」のみにテーマを絞り,いろいろな角度から検討している。主に「ビデオチェックポイント」とシェーマは,白内障手術を習得中の先生方,そして手術の指導者の先生方の両方に役立つよう工夫した。

*年間購読もご利用いただけます。

■シリーズ編集委員
白神史雄/前田直之/谷原秀信/黒坂大次郎


序文

 研修医や初心者の行う手術に付いた指導医は,無事に手術が終わった途端,自ら執刀したときの数倍の疲労を感じるのではないでしょうか。そして指導医は,終えたばかりの手術の残像が鮮やかなうちに,反省点や指導すべき内容を研修医に伝えたいと考えます。ところが,研修医や若手眼科医は時間に追われているためにすぐには医局に現れず,長い時間待つことになり,そうしているうちにビデオを見直すのは後回し,注意や指導を行うのは次の機会,などとなります。そのうちすぐに次の手術をむかえ,同じことを繰り返さないよう,急いで研修医と一緒に神経を集中させビデオを見,指導するのが現状です。そしてその研修医が一人前に成長したと思うころ,次の新人研修医が目の前に登場するのです。
 「この状況を何とかしたい!」という切実な思いから本書の第1の特徴である「ビデオチェックポイント」のコーナーが生まれました。初めての試みで,当初は少し不安でしたが,第一線で白内障の指導をされている先生方に執筆をお願いしたので,編者の意を汲んでいただき,十分満足いく内容に仕上ったと思っています。指導を受ける時間がなかなかとれないと感じていたり,良き指導者に恵まれていないと悩んでいる先生がいらしたとしても,きっと本書のこのコーナーは役に立つと思います。
 次に,本書の第2の特徴は,徹底的に1つのテーマにこだわった点です。今回は“核分割”と“その後の処理”にしました。1つのテーマにつき,いろいろな角度から検討できたと思っています。本書を読み進めると,同じような記載が何度か出現するかもしれません。しかし複数の執筆者が伝えたいと思っていることは重要な点だと認識し,あえてそのまま掲載しました。また,「白内障手術ほど,手技にいろいろなバリエーションのある手術は少ないのではないか」と考える先生はたいへん多いと思います。事実,講演等の場でいろいろな先生がさまざまなことを発表されます。しかし何度も拝聴すると,実はその基本原理は単純なものであることがおわかりいただけると思います。初心者は,手術がうまくいかないとすぐ不安になり,いろいろなことをやり始めますが,本当は単純な基本に従って自分で1つ1つの過程を理解し納得して手術を行うことがなにより重要だと思います。
 最後に,本書の第3の特徴は指導者育成本になっている点です。「昨日まで教えられる側だったのに,今日から私が指導者?!,どうやって指導をしたらいいのだろう」と思っているあなた,本書は随所に指導のポイントが書いてありますから読破すれば,もう立派な指導者です。
 以上,3つの特徴が,白内障手術初心者ならびに指導者に受け入れられ,白内障診療にあたる際の不安を少しでも軽くするお手伝いができることを願っております。

2004年9月
黒坂大次郎
全文表示する

目次

■特集−『白内障手術 核分割完全マスター』
 核分割−細隙灯顕微鏡所見から核分割をイメージしよう
 核分割−分割ワールドへようこそ
 核分割−ここ掘れワンワン
 核分割−核は切ってから割る
 核分割−溝こそ命
 核片処理−分割された核片を処理しよう
 核片処理−ゴールまでもう一息,油断大敵
 核片処理−ここが勝負どこ
 I/A−皮質を確実に吸引しよう
 I/A−症例に応じた手技で確実に吸引する
 I/A−二次元的な動きで
 
●コラム
 ・初心者必須アイテム
 ・私の白内障手術一例目
●速報−トリアムシノロン
 ぶどう膜炎に対するトリアムシノロン
 脈絡膜新生血管に対するトリアムシノロン
 硝子体手術に対するトリアムシノロン
 黄斑浮腫に対するトリアムシノロン
全文表示する