眼科インストラクションコース 4

白内障手術CCC 完全マスター

白内障手術CCC 完全マスター

■担当編集委員 黒坂 大次郎
前田 直之

定価 10,450円(税込) (本体9,500円+税)
  • A4変型判  172ページ  カラー,一部2色イラスト200点,写真90点
  • 2005年7月29日刊行
  • ISBN978-4-7583-0708-6

白内障CCCをふきだしとビデオチェックポイントで習得できる

白内障手術の「術野のセッティングからCCC,結膜縫合まで」にテーマを絞り,さまざまな角度から複数の著者が検討している。本文と図に付記した「ふきだし」で流れがつかめ,「ビデオチェックポイント」で重要ポイントを把握できる。

■シリーズ編集委員
白神史雄/前田直之/谷原秀信/黒坂大次郎


序文

 今回は『白内障手術 CCC完全マスター』と銘打ってお届けいたします。この『インストラクションコース』シリーズの創刊であった『No.1 白内障手術 核分割完全マスター』の続巻であり,両2者をお読みいただければ,難治・特殊症例を除く一通りの白内障手術がマスターできることになります。
 さて本書では,わざわざ術野のセットアップから書いていただきました。これには私の思いがあります。常々私は術野のセットアップこそが手術の最も大切で重要な部分であると思っています。術野がうまくセッティングされていないと,あとの操作はすべてがやりにくくなってしまいます。私が大学(慶應義塾大学)に入局してくる新人を指導するようになってから,もう10年以上になりますが,今までに100名以上を指導してきたことになります。つくづく感じるのは,“手術に秘儀はない”ということを伝えることの難しさです。うまく手術をされる名人といわれる先生ほど,セットアップをしっかりとなさいます。新人は,そんな基本的なことより,なによりもその先生にはきっとなにか特別なことがあると信じて疑いません。しかし大学入試のとき「試験とは難問が解けるかどうかではなく,結局,みなが解ける問題をいかに確実に解けるかがポイントなのだ」といわれたことがありませんか?基本こそが重要で,その中でも術野のセットアップは最も基本的なことです。本書に執筆くださったお2人の先生には,編者のそのような気持ちをくみ取っていただき,まことにすばらしい内容に完成しています。ここを読んでいただけるだけでも,本書の価値は十分にあると思います。
 もちろんそれ以外の部分も秀作ばかりができあがったと自負しております。「創口作成」「hydrodissection」の部分,あるいは「CCC」「IOL挿入」などいずれの部分でも,著者らは,基本の重要性を繰り返し述べています。多くの先生に書いていただいたCCCの項目を読んでいただければ,いかに前房深度を保つことが重要であるのか,みなが言葉を変え場面を変え,繰り返し述べているのがわかります。それこそ著者により,その表に出るテクニックに違いがあっても,基本は共通していることが多く,読者にはぜひその基本を見抜きマスターしていただければと思います。
 本書が目先のテクニックにとらわれることなく,手術の王道を確実に極められる一助となれば幸いです。

2005年6月
黒坂大次郎
全文表示する

目次

■特集−白内障手術 CCC完全マスター
術野のセッティング
 術前セッティング−始めよければすべてよし
 術野のセッティング−これぞ手術の基本
切開
 切開−きれいな創口作製が前房の安定につながる
 切開−切開は要
サイドポート,粘弾性物質注入,CCC完成まで
 サイドポート,粘弾性物質注入,CCC完成まで−前嚢を折り畳んで引っ張れ
 サイドポート,粘弾性物質注入,CCC完成まで−超音波白内障手術の重要テクニックの1つ
 サイドポート,粘弾性物質注入,CCC完成まで−すべてのトラブルにお答えします
 サイドポート,粘弾性物質注入,CCC完成まで−基本を守れば99%まで成功率は向上する
bimanual capsulotomy
hydrodissectionとhydrodelineation
 hydrodissectionとhydrodelineation−安全第一,慎重な水流コントロールを念頭に置いて
 hydrodissectionとhydrodelineationーこつをつかめば怖くない
粘弾性物質の除去から結膜縫合まで

●速報−キノロン系抗菌点眼薬
 ニューキノロン(フルオロキノロン)系抗菌薬の概要
 レボフロキサシン点眼薬の特徴
 ガチフロキサシン点眼薬の特徴
 周術期の減菌療法
 今後のニューキノロン点眼薬
全文表示する