眼科インストラクションコース 11

眼科ERまるごとマスター

緊急性から考えようエマージェンシー

眼科ERまるごとマスター

■担当編集委員 白神 史雄

定価 10,450円(税込) (本体9,500円+税)
  • A4変型判  188ページ  オールカラー
  • 2007年3月26日刊行
  • ISBN978-4-7583-0721-5

眼科救急医療における各症状への対処方法のコツとポイントをマスターしよう!

眼科救急医療における各症状への対処方法を,症状から考える「外傷」「非外傷」と「術後に生じるエマージェンシー」の場合に分けてわかりやすく解説した一冊。
各項目は基本的に「緊急性の高い疾患から考えよう」「ERで行われるプライマリケア」「プライマリケア後のプランニング」という見出しに沿って執筆されており,各見出しの中で「Do」「Don't」(すべきこと,してはならないこと)を箇条書きでとりあげ囲みの形とし,重要ポイントがわかりやすくなっている。


序文

 眼科インストラクションコースNo.11は,眼科における救急医療(眼科ER)をテーマにしました。昨今テレビなどでER(救命救急医療)がとりあげられていますが,眼科医療においても救急医療は非常に重要であり,全ての眼科医がマスターしておかなければならない領域です。したがって,本書は後期研修医のみならずベテランの眼科専門医にまで対象を拡げて企画されました。最近,眼科においても専門領域(subspecialty)にばかり目を奪われ,救急外来でどんな疾患に対してもとりあえずプライマリケアができなければならないことが忘れられる傾向にあるように思われます。更に,多くの疾患において治療法が急速に変化し,疾患によっては,以前には正解であったプライマリケアが現在では不十分であるばかりか医療過誤になってしまう場合もあります。
 本書では,まず,外傷,非外傷といった大きなカテゴリーに分けた後に,症状別に,何が緊急性の高い疾患かを考えながら鑑別診断を行っていくという構成にしました。緊急性の高い疾患が否定されればERで急いで確定診断を行う必要はありませんが,緊急性の高い疾患であればその場でプライマリケアが必要となります。したがって,緊急性の高い疾患に対して,的確に治療戦略を立てることができるように,1.ERにおけるプライマリケア,2.プライマリケア後のプランニングという構成にしました。すなわち,一次救急で何を行い,その後二次救急,三次救急に患者をどのように搬送するかといったことを主眼にしており,三次救急で行う高度な手術の詳細に関しては他書に譲ることにしました。また,術後に生じうるエマージェンシーに対しても的確に対応できるように,角膜手術,白内障手術,緑内障手術,網膜硝子体手術という項目別に,放置すれば失明につながる合併症を中心に,同様の構成にしました。そのほか,Focusとして,ERに備えるべき器具・薬品,スポーツ外傷といった項目のほかに,最近増加している訴訟を避けるために“ERにおけるトラブル”という項目を設けております。
 本書は,従来どおり図解や吹き出しコメントを多用し,また“Do”,“Don't”という見出しで“するべきこと”と“してはいけないこと”を箇条書きにし,非常にわかりやすい内容になっています。したがって,ERのみならず一般の眼科診療においてもアップデートされたマニュアルとして機能するはずです。また若手の先生には専門医試験を受けるための必読書として,また一般病院や大学病院の指導医の先生には研修医を教える際のテキストとして利用していただければと思っております。
 最後に,ご多忙にも関わらず快くお引き受けいただき,わかりやすい内容にしていただいた執筆者の先生方に厚くお礼申し上げます。

2007年2月
白神史雄
全文表示する

目次

症状から何を考える?
 外傷
  眼球は大丈夫? 眼圧は? 出血や炎症の程度は? 網膜剥離は? 目の動きは? 対抗反射は? あわてず落ち着いて考えよう
  目にものが入った
  目を切った
  眼瞼を解剖学的に理解し修復してみよう
 非外傷
  たかが充血,されど充血〜外傷がなくても,術後でなくても充血を侮るなかれ
  「先生,眼が痛いという患者が来ています。外傷ではないそうです。」−非外傷で眼痛をきたす救急疾患
  視力障害
  視野障害への対応をマスターしよう
  突然発症する複視への対応をマスターしよう
  虫が飛んで見えます! 怖い網膜剥離か?!
術後に生じるエマージェンシー
  見落とすべからず! 流すべからず! 〜いつもと違う角膜手術後の重要なサイン〜
  白内障術後見えて当たり前なのに・・・
  緑内障術後のエマージェンシー管理をマスターしよう
  さあ どうする?〜網膜硝子体手術後の診察室にて
  [Focus]緊急処置に備えるために必要な器具,薬品—ひとり医長で出向したら最初に揃えておくべき物—
  [Focus]どんなスポーツでどんな眼外傷が多い?
  [Focus]眼科ERは患者からの苦情の宝庫 ちょっとした配慮が身を守る
全文表示する