眼科インストラクションコース 12

小児の眼疾患診療まるごとマスター

小児の眼疾患診療まるごとマスター

■編集 佐藤 美保

■担当編集委員 黒坂 大次郎

定価 10,450円(税込) (本体9,500円+税)
  • A4変型判  184ページ  オールカラー
  • 2007年6月29日刊行
  • ISBN978-4-7583-0722-2

小児眼科診療特有のコツとポイントを疾患別にマスターしよう!

小児の眼疾患の疾患ごとの対処方法を,オールカラーで図に「ふきだし」をつけ,わかりやすく解説した一冊。
各項目は「疾患の概要」「診断」「治療」「術後経過観察の方法」「長期経過」という見出しを基本の流れとし,「家族への説明」の囲み記事ではインフォームド・コンセントのしかたをくわしく掲載,「手術に踏み切るタイミング」では,手術適応のある疾患についてポイントを記載している。


序文

 小児眼科は,疾患が特殊なうえに,治療方法も数々の特殊性をもっている。そのために眼科専門医であっても「小児が得意です」といえる眼科医は決して多くない。さまざまな小児疾患に出会う機会が少ないこと,保護者の医師への期待が過剰なこと,低出生体重児の救命率があがり重症の未熟児網膜症が増えたことなどから,どうしても小児眼科診療は敬遠されてしまう。
 そのうえ,上級医は日進月歩の眼科最新医療技術の習得に多忙であるとともに,白内障手術や硝子体手術など,より経済的効果の高い分野に重点をおくとともに,外来診療では,時間のかからない成人の診察に専念せざるを得ない状況にある。その結果,手間がかかる割りに収入に結びつきにくい小児の診療は,若手医師に任されてしまう。そのため,小児眼科の教育を十分受けないまま,診療にあたらざるを得ない若手医師も少なくない。もっとも眼科勤務医の減少などのために,これまでは,自分の専門分野の診療だけでよかった医師も,好むと好まざるとにかかわらず,小児診療に携わらざるを得ない状況になってきており,すべての眼科医にとって小児眼科の習得は急務となっている。
 このような状況のなかで,どのようにして小児眼科を学べばよいのだろう。ある一定の期間を小児眼科専門施設にて学ぶことが理想的ではあるが,それは現実的ではない。どうしても書物から勉強せざるを得ない。本書はそれぞれの疾患について最も重要なポイントに的をしぼって,実際にその疾患に立ち向かっていく場合の対処法を中心に,あたかもマンツーマンで指導されているような懇切丁寧な解説がなされている。
 もちろん本書は,必要なときに必要な部分を拾い読みしていただいてもよいのだが,まずは一通り最初から最後まで読み通していただきたいものである。小児の眼感染症やアレルギー性疾患,屈折異常,斜視,弱視など,日常頻繁に出会う疾患については,科学的根拠に基づいたスタンダードな治療方法が示されている。是非,ご自分の現在の治療方法と照らし合わせて見直していただきたい。また,まれであっても,網膜芽細胞腫や先天緑内障,先天白内障などの患者は,突然貴方の前に現れ,診断と治療を迫られることになる。初診医だからといって,それらの疾患に対する知識をまったくもっていないということは,非常に大きな問題で,許されないことである。さらに,小児の心因性視力障害や小児ロービジョンケア,遺伝相談など,なかなか知識を得る機会が少ない分野についても,十分にページを割いて解説していただいた。
 小児眼科診療は,保護者からの期待が多い分だけ,プレッシャーも多い。しかし,未来ある子供たちに明るい光をあたえられること,かわいい子供たちと一緒に自らも成長できるという喜びは何者にも変えがたい。本書は,専門医志向者,上級指導医,開業医など,どの立場の医師にとっても役立つものと確信している。本書を通じて,一人でも多くの医師とこの喜びを分かちあいたいものである。

2007年5月
佐藤美保
黒坂大次郎
全文表示する

目次

眼窩,眼瞼
 先天眼瞼下垂にもいろいろな種類があることを覚えておこう
 小児のブローアウト骨折を知ろう
 先天内反(睫毛内反,眼瞼内反)を治療しよう!
涙道
 先天鼻涙管閉塞の治療
結膜炎
 小児アレルギー性結膜疾患の対処法
 小児結膜感染症 原因は多彩 症状・年齢がヒント!
角膜異常
 小児角膜感染症—感染を疑ったら「ト・バ・カ」
 代表的な前眼部先天異常−Peters奇形,角膜輪部デルモイド,先天角膜ジストロフィについて理解を深めよう
屈折検査
 小児の屈折異常への対応・これだけマスター
弱視
 弱視は早く見つけて早く治そう
斜視
 眼位だけじゃない!/乳児内斜視に対する手術 立体視獲得を考慮した治療方針を立ててみよう
 調節性内斜視を診断,治療しよう
 外斜視
 先天上斜筋麻痺
神経眼科
 重症筋無力症
 小児の眼振をみたら
 小児の視神経。成人との違いを知ろう
ぶどう膜炎
 小児ぶどう膜炎
緑内障
 小児緑内障の診断
 大人とは違うぞ!小児の緑内障へのアプローチ
白内障
 先天白内障—手術適応とその時期
 小児眼への眼内レンズ挿入の考え方—屈折度はどう変わる?
網膜芽細胞腫
 網膜芽細胞腫,怖がらず眼底を診よう
未熟児網膜症
 未熟児網膜症の診察方法と病期分類
 治療の基本!未熟児網膜症に光凝固治療をしよう
 光凝固を施行しても網膜剥離を併発する重症未熟児網膜症に対して,時期を逃さず早期に硝子体手術を施行しよう
先天網膜異常
 先天網膜異常を診断しよう
心因性視力障害
 小児心因性視覚障害
小児ロービジョン
 小児へのロービジョンサービス
遺伝相談
 まず家系図を書こう
全文表示する