眼科インストラクションコース 16

アレルギー性眼疾患とドライアイ

重症度別治療法

アレルギー性眼疾患とドライアイ

■担当編集委員 高村 悦子
前田 直之

定価 10,450円(税込) (本体9,500円+税)
  • A4変型判  184ページ  オールカラー
  • 2008年6月27日刊行
  • ISBN978-4-7583-0729-1

重症度に応じたアレルギー性眼疾患とドライアイの治療をマスターしよう!

関連性の深い「アレルギー性眼疾患」と「ドライアイ」と,「アレルギーや免疫が関与する眼表面の疾患」の治療法を,オールカラーで図に「ふきだし」をつけ,具体的にわかりやすく解説した1冊。
前半では,各疾患を可能な限り「軽度」「中等度」「高度」に分け,それぞれの重症度において,具体的な治療法を解説している。後半では,「検査法」「薬剤・器具の基礎知識」「知っておきたい基礎知識」の章をもうけ,治療に役立つ基礎事項を習得できるようにしている。
本文の重要ポイントは欄外に「ふきだし」の形で記載,図表でどこに注意して見たらよいかがわかるよう,図表内にも「ふきだし」の形で解説を記載し,わかりやすく解説。


序文

 インストラクションコース第16号では,オキュラーサーフェス(眼表面)疾患の代表であるアレルギー性結膜疾患とドライアイをとり上げました。いずれも先生方には,おなじみの疾患ではありますが,的確な治療を行うためには,臨床像や重症度の見きわめ,ときには,治療の対する反応性を判断し治療方針を変える,といったことが必要となり,実はとても難しいのです。患者さんの治療への満足度を高めるためには,眼科専門医による治療のさじ加減がポイントとなってくると思います。また最近,アレルギー性結膜疾患もドライアイも定義,診断基準が新たに提唱されました。そこで,今回は,それぞれの分野のエキスパートの先生方に新しい重症度別の治療法をご披露いただくこととしました。
 アレルギー性結膜疾患については2006年に診療ガイドラインがまとまり,アレルギー性結膜炎,春季カタル,アトピー性角結膜炎,巨大乳頭結膜炎の診断と治療指針が示されましたが,ガイドラインでは,紙面の都合もあり,臨床所見の特徴が詳細に記載しきれなかったのではないかと思います。また,最近では,アレルギー性結膜疾患の新しい治療薬が処方可能となり,薬の使い分け,特に重症型アレルギー性結膜疾患に対する免疫抑制点眼薬の使い方が気になるところです。このインストラクションコースでは,これらの点を考慮しながら重症度別の治療法をできるだけわかりやすくご提示いただきました。
 ドライアイは,1995年にドライアイ研究会が提唱した定義や診断基準の見直しが2006年に行われ,「ドライアイとはさまざまな要因による涙液および角結膜上皮の慢性疾患であり,眼不快感や視機能異常を伴う」と変わりました。今までの診断基準に比べ,自覚症状,特に眼不快感や視機能異常をドライアイの症状として取り入れ,検査法もより定量性な方法に変わり,重症度を表しやすくなってきたようです。新しい定義,診断基準によって,何がどのように変わったのでしょうか。また,ドライアイの治療には,このさまざまな要因に対するマネージメントも重要なポイントです。さて,ここから先は,紙面を見てのお楽しみとしておきましょう。
 ドライアイやアレルギー性結膜疾患と同様,眼表面には,アレルギーや免疫が関与するいくつかの代表的な疾患があります。これらの疾患の診断は,臨床所見の特徴をとらえることであり,また,治療薬のさじ加減が難しい疾患でもあります。アレルギーや免疫が関与する眼表面の疾患としてまとめ,それぞれのエキスパートの先生方のさじ加減をご披露いただきました。
 また,最後に,先生独自のさじ加減を考えるときに必要な,ドライアイとアレルギー性結膜疾患に関わる検査,薬剤,基礎知識をわかりやすくまとめていただきました。どの項目にも,なるほど,と思う治療のポイントが書かれています。今回の企画が,先生方の毎日の診療にお役に立てば幸いです。

2008年5月
高村悦子
前田直之
全文表示する

目次

アレルギー性結膜疾患
 定義,病型,診断基準
 アレルギー性結膜炎
 アトピー性皮膚炎の眼症状 アトピー性角結膜炎
 春季カタル
 巨大乳頭結膜炎—ルーチンに上眼瞼を翻転しよう
 アレルギー性結膜疾患とドライアイ

ドライアイ
 定義,病型,診断基準
 BUT短縮型ドライアイ
 Sjogren症候群
 GVHD
 コンタクトレンズ装用
 LASIK induced neurotrophic epitheliopathy(LINE)
 眼瞼,瞬目異常
 結膜弛緩症手術—決め手は2つの目標達成
 Meige症候群
 Stevens-Johnson症候群
 眼類天疱瘡,偽眼類天疱瘡
 Meibom腺機能不全

アレルギーや免疫が関与する眼表面の疾患
 フリクテン
 カタル性角膜浸潤
 Mooren潰瘍
 Meibom腺炎角膜上皮症
 上輪部角結膜炎
 リグニアス結膜炎
 アデノウイルス角膜炎
 Thygeson点状表層角膜炎
 アトピー性眼瞼炎
 ブドウ球菌性眼瞼炎

検査法
 アレルギーの検査手順
 ドライアイの検査手順

薬剤・器具の基礎知識
 アレルギーに処方する薬剤
 涙点プラグの種類

知っておきたい基礎知識
 4つのアレルギー反応
 サイトカイン
全文表示する