Vol.5 No.3,2007

尿路再建術を検証する

Urology View Vol.5 No.3,2007
定価 3,080円(税込) (本体2,800円+税)
  • A4変型判  120ページ  
  • 2007年5月28日刊行

目次

Urology View Vol.5 No.3, 2007

特集 尿路再建術を検証する  企画・構成:藤澤正人 

■Clinical Science  
 尿路として利用された腸管における吸収・分泌機構  岡田 弘 
 腸管を利用した自排尿型代用膀胱の排尿力学  後藤百万 
 尿路として利用された腸上皮の感染防御  松本哲朗 
 腸管利用代用膀胱における逆流防止機構  木下秀文ほか 
■Practice  
 非尿禁制型尿路変向術の現状と課題−尿管皮膚瘻,回腸導管,S状結腸導管
  寺井章人
 尿禁制型尿路変向術の現状と課題−自排尿型代用膀胱,自己導尿型代用膀胱
  武中 篤ほか 
 骨盤内臓器全摘除術後の尿路再建の現状と問題点  山中 望 
 尿管再建の現状と問題点  野々村祝夫 
 小児における尿路変向の動向  杉多良文ほか 
 ハイリスク・超高齢者における尿路変向術  西山博之 
 尿路変向術後の結石形成機序とその予防  戸澤啓一ほか 
 尿路変向術後の代謝,栄養,吸収障害とその対策  角田俊之ほか 
 自排尿型代用膀胱における排尿障害の原因とその対策  田中俊明ほか 
 自排尿型代用膀胱の適応と残存尿道における癌再発  羽渕友則ほか 
 尿路として利用された腸管の発癌性について  大山 力ほか 
 尿路変向術後のQOL調査  加藤正典ほか 
■Future Prospect 
 尿路再建における再生医療の現況  椎名浩昭ほか
 腹腔鏡下尿路再建  入江 啓

●連載 泌尿器科ガイドラインのエッセンス(第3回) 
 間質性膀胱炎  上田朋宏
全文表示する

関連する
お勧め書籍