Vol.5 No.4,2007

EDと生活習慣病の科学

Urology View Vol.5 No.4,2007
定価 3,080円(税込) (本体2,800円+税)
  • A4変型判  104ページ  
  • 2007年7月20日刊行

目次

Urology View Vol.5 No.4, 2007

特集:EDと生活習慣病の科学  企画・構成:堀江重郎

■Clinical Science
 血管病としてのED  望月 諭ほか
 勃起機能とNOの関係  木村和哲
 糖尿病と勃起・射精機能  邵 仁哲ほか
 メタボリックシンドロームと勃起障害  辻村 晃ほか
 海綿体血管像と生活習慣病  佐々木春明
 テストステロン減少症とED  今本 敬ほか
 中枢による勃起制御機構とED  佐藤嘉一ほか
■Practice
 ED治療の世界標準とスクリーニング  木元康介ほか
 糖尿病患者へのED治療の意義  渥美義仁
 PDE5阻害薬無効例に対するED治療  永尾光一ほか
 生活習慣病の及ぼす性生活への影響  天野俊康
 射精障害の臨床  岡田 弘
 Premature ejaculationの治療  小谷俊一
 骨盤外科手術後のEDリハビリテーション  荒井陽一ほか
■Future Prospect
 日本におけるED治療の展望  丸茂 健ほか
 EDとメタボリックシンドロームとの関係  安田弥子ほか

●連載「泌尿器科ガイドラインのエッセンス(第4回)
 停留精巣  林 祐太郎
全文表示する

関連する
お勧め書籍