Vol.6 No.1,2008

尿路上皮癌の診断と治療Update

Urology View Vol.6 No.1,2008
定価 3,190円(税込) (本体2,900円+税)
  • A4変型判  136ページ  
  • 2008年1月18日刊行

目次

Urology View Vol.6 No.1, 2008

特集:尿路上皮癌の診断と治療Update  企画・構成 柿崎秀宏

■Clinical Science
・表在性膀胱癌の再発,進展因子  乾 政志ほか  
・蛍光膀胱鏡による膀胱癌診断  井上啓史  
・尿路上皮癌の尿中マーカー  佐賀祐司ほか  
・浸潤性膀胱癌に対する膀胱温存療法  住吉義光  
・浸潤性膀胱癌に対する抗癌薬併用放射線療法の治療成績  松山豪泰ほか  
■Practice
・TURBT時の膀胱内ランダム生検と前立腺部尿道生検の意義  込山元清  
・T1G3膀胱癌の治療  金山博臣  
・抗癌薬膀胱内注入療法の現状  古賀寛史ほか  
・BCG膀胱内注入療法の現状  宮永直人  
・浸潤性膀胱癌に対する外科治療の意義と限界  北村 寛ほか  
・浸潤性膀胱癌に対する周術期化学療法の現状  松井喜之  
・膀胱全摘除術後の上部尿路再発  三宅秀明ほか  
・腎盂尿管癌の診断に尿管鏡は必須か?  原林 透ほか  
・腎尿管全摘除術の際のリンパ節郭清はどこまで行うべきか?  近藤恒徳  
・腎盂尿管癌の再発・転移のリスクファクターと術後補助療法  大園誠一郎ほか  
■Future Prospect
・膀胱癌組織の遺伝子発現解析によるMVACネオアジュバント化学療法の効果予測  
  高田 亮ほか  
・遺伝子多型とMVAC化学療法の副作用  土谷順彦ほか  
・尿路上皮癌の抗癌薬感受性試験に基づく化学療法  中井川 昇ほか  
・マイクロアレイによる尿路上皮癌の遺伝子発現解析  川上一盛ほか  

●連載「前立腺肥大症の最新治療」(第1回)
 HoLEP(1)  設楽敏也ほか
全文表示する

関連する
お勧め書籍