Vol.7 No.2,2009

進行前立腺癌の治療Update

Urology View Vol.7 No.2,2009
定価 3,190円(税込) (本体2,900円+税)
  • A4変型判  124ページ  
  • 2009年3月19日刊行

目次

Urology View Vol.7 No.2, 2009

特集:進行前立腺癌の治療Update  企画・構成 市川智彦

■Clinical Science
・進行癌に対する内分泌療法  鈴木和浩
・内分泌不応性獲得の機序  小宮 顕ほか
・副腎ステロイドと内分泌不応性獲得  溝上 敦
・遺伝子多型解析と治療反応性の予測  羽渕友則ほか
■Practice
・間欠的内分泌療法  佐藤直秀
・抗(アンチ)アンドロゲン交替療法  鈴木啓悦ほか
・低用量デキサメタゾン  野々村祝夫
・アンジオテンシン II受容体拮抗薬−進行前立腺癌に対する臨床応用とその理論−
  上村博司ほか
・ドセタキセル  島居 徹ほか
・ビスフォスフォネート−ゾレドロン酸を中心に−  篠原信雄ほか
・緩和療法としての放射線療法  中村和正ほか
・ストロンチウム-89  堀口 裕ほか
■Future Prospect
・分子標的治療の可能性  井上貴博ほか
・新たな分子標的遺伝子の探索  田村賢司ほか
・テーラーメイド型ペプチドワクチン療法  野口正典
・遺伝子治療の展望  後藤章暢ほか
・内分泌療法の長期的な問題点  小島聡子

●2009年連載「下部尿路機能障害のQ&A」
 第2回 女性の下部尿路機能障害   高橋 悟
全文表示する

関連する
お勧め書籍