Vol.8 No.2,2010

リスクで考える前立腺癌治療

Urology View Vol.8 No.2,2010
定価 3,300円(税込) (本体3,000円+税)
  • A4変型判  120ページ  
  • 2010年3月19日刊行

目次

Urology View Vol.8 No.2, 2010

特集 リスクで考える前立腺癌治療  企画・構成 市川智彦

■Clinical Science
 リスク分類と治療法の選択  原 勲
 ノモグラムによるリスク予測  川村幸治ほか
 リスク評価における人種差  深貝隆志
■Practice:リスクで考える各種治療法の適応と限界
 PSA監視療法  筧 善行
 前立腺全摘除術  井川 掌ほか
 前立腺全摘除術における神経温存  荒井陽一ほか
 ミニマム創内視鏡下前立腺全摘除  木原和徳
 腹腔鏡下前立腺全摘除術  近藤幸尋
 ロボット支援前立腺全摘除術  吉岡邦彦
 外照射療法  高山賢二
 密封小線源永久挿入療法  斉藤史郎
 高線量率組織内照射療法  佐藤威文ほか
 陽子線治療  宮永直人
 重粒子線(炭素イオン線)治療  鈴木啓悦ほか
 アジュバント放射線療法  横溝 晃
 ホルモン療法  並木幹夫ほか
 アジュバント内分泌療法  林 典宏ほか
 HIFU療法  内田豊昭
■Future Prospect
 バイオマーカーを用いたリスク分類の可能性  高羽夏樹ほか
 関連診療科とのカンファレンスによるリスク評価と治療法の選択  植田 健ほか
 
●2010年連載「前立腺癌とノモグラム」第2回
 前立腺癌の診断に関するノモグラム  川上 理
全文表示する

関連する
お勧め書籍