画像解剖 徹頭徹尾

骨軟部画像解剖 徹頭徹尾

画像解剖を極め 的確に診断する

骨軟部画像解剖 徹頭徹尾

■編集 江原 茂

定価 8,800円(税込) (本体8,000円+税)
  • B5判  272ページ  オールカラー,イラスト145点,写真680点
  • 2015年3月27日刊行
  • ISBN978-4-7583-0891-5

「画像解剖を臨床解剖に直結」「正常変異や構造の複雑な局所解剖」を意識した新しい画像解剖書

画像解剖を臨床解剖に関連づけ,わかりやすくイラストを多用。関節別に押さえておくべき代表的な構造をピックアップし,診断するうえで必要な局所解剖について,正常変異やその機能などもふまえ,詳細に扱っている。
画像診断に役立つ画像解剖の実用書である。


序文

 画像解剖の知識の取得は,その重要性とは裏腹になかなかスマートに進めることが困難な作業です。先輩医師の教えを仰ぎながら,解剖図や解剖書の記述を頼りに,みえる構造にいちいち名前を付けていったのがかつての画像診断医の修練の大きな部分でした。そのような画像解剖の知識は蓄積されて我々の大きな資産となり,現在の若い診断医の方たちは以前ほどの難行苦行を要さないでその知識をスマートに使いこなしています。本シリーズに先立つ画像解剖の教科書は,まさしく我々が研修の初期段階で,画像解剖の知識を容易に獲得するための手段になってきましたし,またそれに続く今回のシリーズも同様に画像解剖の知識のレベル向上に役立つことを期待しています。さらに,その一方で画像解剖の知見の蓄積は今なお続いており,多くの疾患に関連した画像解剖に関する新たな所見が報告されています。

 本書は画像解剖徹頭徹尾のシリーズ4番目となる骨・軟部編になります。画像診断の領域で全身のかなりな部分を占める骨・関節・軟部組織の領域は広範囲であり,必要な解剖も多く,全体を網羅することが困難な状況にあります。そのため本書の構成は我々が遭遇する検査の形式に従って,四肢の関節を主体に,脊椎や複数分野にまたがる筋肉を追加する構成をとっています。腹壁,胸壁や頭頸部の関節や筋肉はそれぞれの教科書にあたっていただきたいと存じます。他方,画像解剖は疾患と不可分ではない点が大きく,その点では今までの徹頭徹尾のシリーズと同様に診断に関わる画像診断の知識を盛り込んでいます。そのため新たな知見を盛り込んで,前までよりも診断に関連した解剖の知識を深く掘り下げることに努めています。

 本書の特徴として,単なる絵合わせの図譜以上に,系統的に知識を整理するための内容を盛り込むことを目標にしていますが,その試みがどの程度成功したかは読者のご判断のお任せしなければなりません。本書がこのシリーズの他の巻とともに画像解剖の有用な情報源として,整形外科,リウマチ科,そのたの運動器疾患に関わる専門家とのコミュニケーションに役立つ内容になればと考えています。

2015年3月
江原 茂
全文表示する

目次

Ⅰ. 肩関節/常陸 真
 1.画像解剖
 2.腱板
 3.上腕二頭筋長頭腱
 4.肩峰下−三角筋下滑液包
 5.肩甲上腕関節
 6.肩鎖関節
 7.肩甲骨−胸郭結合
 8.胸鎖関節
 9.肩甲上腕靭帯(上・中・下)
 10.quadrilateral space(外側四方腔)
 11.腕神経叢
 12.烏口下滑液包
 13.肩峰
 14.肩峰骨(os acromiale)

Ⅱ. 肘関節/江原 茂
 1.画像解剖
 2.肘関節 
 3.内側側副靭帯
 4.外側側副靭帯
 5.肘関節の筋群
 6.神経の画像解剖
 7.尺骨神経
 8.橈骨神経
 9.正中神経
 10.滑液包
  
Ⅲ. 手関節・手/山部英行,吉岡 大
 1.画像解剖 
 2.遠位橈尺関節
 3.橈骨手根関節
 4.手根中央関節
 5.手根中手関節
 6.指節間関節
 7.三角線維軟骨複合体
 8.屈筋腱 
 9.伸筋腱
 10.手根管
 11.Gyon管
  
Ⅳ. 股関節/名嘉山哲雄
 1.画像解剖
 2.股関節鍵板
 3.股関節 
  (1)骨性構造
  (2)関節包および靱帯
  (3)滑膜ヒダ
  (4)神経
  (5)血管
  (6)関節軟骨
 4.股関節の筋群
 5.大腿骨頭の形態(Chopart関節)
 6.臼蓋の形態(Lisfranc関節)
 7.坐骨結節 
 8.関節唇
 9.大転子
 10.小転子 
 11.滑液包 
  
Ⅴ. 膝関節
 1.画像解剖/江原 茂
 2.半月板/鈴木美知子,江原茂
 3.前十字靱帯/中山 学,江原茂
 4.後十字靱帯/中山 学,江原茂
 5.内側側副靱帯/鈴木美知子,江原茂
 6.外側側副靱帯を含む外側支持機構/中山 学,江原茂
 7.膝窩筋腱/中山 学,江原茂
 8.膝伸展機構と膝蓋骨/中山 学,江原茂
 9.腓腹筋—半膜様筋滑液包(膝窩嚢胞)/中山 学,江原茂
 10.滑膜ヒダ/鈴木美知子,江原茂
 11.Hoffa 脂肪叢/鈴木美知子,江原茂
 12.腸脛靱帯/鈴木美知子,江原茂
 13.鵞足/鈴木美知子,江原茂
  
Ⅵ. 足関節・足/橘川 薫
 1.画像解剖
 2.アキレス腱
 3.足関節 
 4.距骨下関節 
 5.横足根関節 
 6.足根中央関節
 7.中足趾間節関節
 8.趾節間関節
 9.足関節レベルの筋腱
 10.内側側副靭帯
 11.外側側副靭帯
 12.足底腱膜
 13.Karger脂肪叢
 14.accessory navicular
  
Ⅶ. 脊椎/江原 茂
 1.全脊椎の評価
 2.頭蓋底と環椎・軸椎との関節
 3.椎体
 4.椎間板 
 5.椎間関節
 6.後方要素(椎弓・関節突起・棘突起)
 7.椎体・椎弓周囲の靱帯
 8.椎骨動脈
 9.脊髄・馬尾・神経根
 10.脊柱管硬膜外腔
  
Ⅷ.筋肉/江原 茂
 1.四肢の主要な筋肉
  (1)上腕三頭筋
  (2)上腕二頭筋
  (3)ハムストリングス(半腱様筋,半膜様筋,大腿二頭筋)
  (4)大腿四頭筋
  (5)下腿三頭筋
 2.コンパートメント
全文表示する

関連する
オススメ書籍