OS NOW Instruction No.11

肩・肘のスポーツ障害

スポーツ寿命を延ばすための手技のコツ

肩・肘のスポーツ障害

■担当編集委員 金谷 文則

定価 11,000円(税込) (本体10,000円+税)

カラーイラストとDVDでスポーツ復帰を的確サポート

整形外科においてスポーツ障害の治療は一大テーマである。患者の多くは障害の治癒だけではなく元来のスポーツへの復帰を希望している。そのためスポーツ障害の治療においては,手術に踏み切るタイミングの判断,術後のリハビリテーションや再発予防といった包括的な治療の知識が必要となる。本書では保存療法,小侵襲手術である鏡視下手術などを始め,スポーツ整形外科の実情に沿った復帰を見据えた治療法を詳説している。
本文中の「手術のコツ,注意点」「トラブルシューティング」や6本の手術動画と併せて治療の現場で役立てて頂きたい。

  • i_dvd.jpg
  • A4判  212ページ  オールカラー,イラスト320点,写真120点,DVD-Video付き
  • 2009年7月24日刊行
  • ISBN978-4-7583-1010-9

■シリーズ編集委員
岩本幸英/安田和則/馬場久敏/金谷文則


序文

 「OS NOW Instruction No.11:肩・肘のスポーツ障害−スポーツ寿命を延ばすための手技のコツ」の企画を担当させて頂きました。
 「肩・肘スポーツ障害」ではオーバーハンドスロー,特に野球の投球動作による障害が大半を占めます。オーバーハンドスローはワインドアップから始まり,足の踏み込みによる位置エネルギーと体幹に蓄えられた運動エネルギーを肩・肘を介して手からボールに伝える複雑な共同運動です。肩・肘のスポーツ障害を正しく診断・治療するためには,症状のある局所にとらわれることなく,運動連鎖のどこに問題があるかを見極めることが重要です。また,競技レベルのスポーツ障害では,治療にあたり医師・患者の関係に加えてコーチ・トレーナーと良好な関係を築くことが必要になります。また,小児のスポーツ障害では本人ばかりでなく家族・監督にも病態を理解させることが重要になります。小児のスポーツ障害の多くはoveruseと無理なフォームによることが多く,適切な休養をとれば一旦は症状は軽快しますが,無理な連投により離断性骨軟骨炎を発症し野球を続けられなくなることも少なくありません。身体能力の高い,いわゆる良いピッチャーがチームの勝利のために無理な連投をして発症する場合が多く,患者本人のためにも残念でなりません。肩・肘スポーツ障害の病態を正しく理解し,発育期の少年の障害を防ぐこと,さらに成人に対してはスポーツ寿命を延ばすことを目的として今回のOS NOW Instruction No.11:肩・肘のスポーツ障害」を企画いたしました。
 経験豊かな各分野の第一人者に部位別の病態と診断,保存療法と手術療法について記載していただきました。投球障害肩・リトルリーガーズショルダーの病態,診断と治療については,フォームのチェックポイント,病態,診断手技,運動療法について豊富なイラストレーションを用いて詳述されています。投球障害肩・不安定症・肘関節障害については病態と保存療法に加えて「手術のアウトライン」と「手術手技」が記述され術前のイメージトレーニングを可能にしています。投球肘では外側型 (離断性骨軟骨炎),後方型(肘頭骨端線癒合不全・疲労骨折),内側型(内側上顆裂離骨折,骨端核障害,内側側副靭帯機能不全)の保存療法とその限界,さらに術中に必要となる「コツと注意点」,「トラブルシューティング」が詳述されています。テニス肘ではその病態と最近のトピックスである鏡視下手術について記述いただきました。
 本特集では,手術に偏ることなく病態の把握と保存療法も詳述していただきました。さらに本シリーズの特徴である豊富なイラストと動画(DVD)により術前計画から手術手技とコツ,トラブルシューティングが把握できる構成に致しました。競技スポーツレベルでのスポーツ寿命の延伸ばかりでなく,健康的にスポーツを楽しめるスポーツ寿命の延伸にお役立ていただければ幸いです。

2009年7月
金谷文則
全文表示する

目次


 投球障害肩の病態と診断  杉本勝正
 投球障害肩に対する保存療法  筒井廣明
 リトルリーガーズショルダーの病態と治療  岩堀裕介,ほか
 投球障害肩に対する鏡視下手術  野中伸介,ほか
 肩関節不安定症の診断と治療  菅谷啓之
 肩関節前方脱臼,亜脱臼に対する鏡視下修復 arthroscopic Bankart repair  岡村健司
 肩関節前方脱臼,亜脱臼に対する直視下修復 open Bankart repair  大泉尚美,ほか
 

 投球フォームと投球障害  渡會公治
 スポーツによる肘部管症候群  辻野昭人
 内側上顆剥離骨折,骨端核障害の手術適応と手技  佐藤和毅
 肘内側側副靱帯機能不全の再建  古島弘三,ほか
 肘頭骨端離開と肘頭疲労骨折 病態と治療  高原政利
 上腕骨小頭骨軟骨障害の病態と保存療法  松浦哲也,ほか
 離断性骨軟骨炎の手術療法 骨切り術  坪川直人,ほか
 離断性骨軟骨炎の手術療法 mosaicplasty  岩崎倫政
 離断性骨軟骨炎の手術療法 肋骨肋軟骨移植術  佐藤和毅
 テニス肘の病態と治療  和田卓郎
全文表示する

関連する
お勧め書籍