新ES NOW 5

眼科手術のロジック

こう考えれば手術は上達する

眼科手術のロジック

■担当編集委員 江口 秀一郎

定価 13,200円(税込) (本体12,000円+税)
  • A4変型判  220ページ  オールカラー,イラスト460点,写真60点
  • 2011年1月31日刊行
  • ISBN978-4-7583-1079-6

手術のロジックを理解し,症例に応じたベストな手術を習得しよう

眼科の各手術で何故そこを切るのか? 何故そのように切除するのか? どうしてそのような手順で手術するのか? など,経験的に当たり前のように行われている眼科手術の各ステップを取り上げ,そのような手術方法に内包されている手術侵襲を低減させ,手術効果を最大化させる理屈:科学的根拠を記載し,手先の慣れや反射神経で行う手術ではなく,理屈(ロジック)で行う手術を習得するための一冊。

■シリーズ編集委員
山本哲也/江口秀一郎/ビッセン宮島弘子/門之園一明


序文

 自らを振り返ると,多くの手術で多くの失敗をしてきました。手術中に想定外の事態に陥り,この手術をどうまとめたらいいのか,一瞬,頭の中が空白になったり,手術終了後,ベッドに入ろうとして今日の手術内容の不十分な点に気付き,まんじりともせずに翌朝の術後診察にむかったこと,若き日のこのような思い,皆さんありませんか? 又,手術を若い先生に教える際に,「こんなに何時も言っているのにどうして出来ないの!」「そうするなと言ったのにどうして逆のことするの!」と思わず怒鳴りだしたくなったことは有りませんか?
 その様な体験を振り返り,何故その様な事態に至ったのかを俯瞰して考えると,幾つかの要素にまとめることが出来ました。
手術中には,
1.置かれた状況への注意が不十分であった
2.眼前の事実を正しく捉えていなかった
3.客観的事実を観念的に捉えていた
手術を教えている時の事を冷静に振り返ると,
4.言葉の使い方が正しかったか?
5.意思を正確に伝えたか?
6.曖昧で多義的な言葉を使っていなかったか?
このような点が反省材料として浮かび上がってきました。そして,1〜6までの問題点を一覧してもう一度眺めてみると,私が書き並べたポイントは,眼科手術に関する話題であるにも拘わらず,本棚の奥にしまい込んである論理学の教科書の,論理的思考を行うための要点と見事に一致する事に驚きました。
 論理は明晰かつ効果的な思考のためのもので,学問であると共に技術でもあります。この技術の使いこなしに習熟する事は,単に水晶体超音波乳化吸引装置や硝子体手術装置の使いこなしに習熟する事などに比べ,はるかに応用範囲が広く,時と共に古びることのない果実を一人一人の術者に与えてくれることでしょう。
 何も考えなくとも多くの手術症例を経験すれば手術技量,結果が向上する,これも一つの考えかもしれません。手術経験を数多く積まれることにより,手術手技の錬度は一定の水準に到達するでしょうが,未経験の病態,術中合併症に相対した場合,それらの病態,合併症がなぜ生じたか? どのようにすれば侵襲を最小限にすることが出来,最大限の機能を残せるかを考えねばならない場合,しかも,これらの事柄を目の前に刻々と展開されていく現実の手術の中で一瞬で判断し,手術を遂行していくためには,経験,錬度のみに頼るのは余りに儚い基盤ではないでしょうか?
 私は難症例や合併症に,“反射神経でもなく,筋肉でもなく,度胸でもなく,ロジックで打ち勝ちたい!” それがこの本を企画した理由です。多くの読者の皆様に私の企画した意図が等しく届くことを心から願い序文に代えさせて頂きます。

2011年1月
江口秀一郎
全文表示する

目次

I 眼科手術に必要な解剖,生理 
 眼窩,眼瞼
 涙道
 外眼筋
 角膜,結膜
 水晶体,Zinn小帯
 房水流出路
 網膜硝子体
 視神経・視路

II 眼科手術のロジック 
 眼瞼手術
 翼状片手術
 涙道プロービング
 涙嚢鼻腔吻合術
 角膜手術
 白内障手術
 斜視手術
 緑内障手術
 強膜バックリング手術
 硝子体手術
 眼窩手術
 屈折矯正手術

III 新しい手術器械,手技 
 開瞼器
 鑷子
 剪刀
 ナイフ
 エキシマレーザー
 フェムトセカンドレーザー
 パスカル
 有水晶体眼内レンズ
 炭酸ガスレーザー
 DSAEKにおけるドナー挿入器具
 小切開硝子体手術装置,照明装置
 眼底広角観察システム
 粘弾性物質
 生体染色
 緑内障手術インプラント
 眼科手術顕微鏡

IV エビデンス 
 population-based study:その結果と限界
 抗VEGF薬無作為化試験,AREDS
 無作為化比較試験:AGIS,CIGTS,OHTS,CNTGS
 EVSとESCRS study
 白内障と加齢黄斑変性
 DCCT,EDIC,UKPDS
全文表示する

関連する
オススメ書籍