OGS NOW 1

開腹・閉腹と付属器手術

基本手技の完全マスター

開腹・閉腹と付属器手術

■担当編集委員 平松 祐司

定価 13,200円(税込) (本体12,000円+税)
  • A4判  160ページ  オールカラー,イラスト200点
  • 2010年1月29日刊行
  • ISBN978-4-7583-1200-4

イラストを中心に“手術のコツと注意点”を随所に配したオールカラービジュアル手術書

産婦人科医が必ず身につけておかなければならない手術について,イラストを中心として詳しく手技を解説するシリーズである。単なるテクニックをマニュアル的に開示するにとどまらず,「疾患をより深く理解し必要十分な手術を行う」ことや,「術後QOLを損なわないための工夫をする」こと,「妊孕性温存のために」など,“十分な理解に基づく手術”をマスターできる実践的なシリーズ。
第1巻は「開腹・閉腹手技と付属器手術」を取り上げ,これらを通して“子宮周囲の基本的局所解剖”や“止血法”などをはじめ,産婦人科手術の基本をしっかりと身につけることができるような内容となっている。初心者はもちろんのこと,経験を積んだ医師にとっても第一線の著者らによる解説は,さらなるステップアップへの礎となるであろう。

■シリーズ編集委員
平松祐司/小西郁生/櫻木範明/竹田 省


序文

 『OGS NOW』のNo.1 として『開腹・閉腹と付属器手術−基本手技の完全マスター』をお届けします。本号ではスタートの号として,産婦人科手術に必要な解剖,器具,糸,縫合法,止血法などの基本知識を整理するとともに,研修医がまず執刀するであろうと考えられる付属器手術につき完全マスターしてもらうように特集を組みました。
 まず,針,糸,各種器具,止血剤については従来品から最新のものまで幅広く取り上げてもらい,それらの特徴,使用法,使用部位などが記載されており,研修医だけでなく上級医にとっても知識を再整理するのに有益な記載になっております。糸結び,運針法については記載されていることをすべてマスターするよう,平素から本書を脇において修練してください。
 解剖については,できるだけわかりやすく立体的に記載し,悪性腫瘍手術時にも有益な記載となっています。手術に立ち会う場合は何回もその位置関係を確認して臨み,正しい層,腔が展開できるように修練してください。開腹・閉腹と付属器手術については,ごく基本的なところから応用術式の内容まで入っております。
 基本的解説では,解剖に基づきどのように考え,どこをどのように切開,切断,展開するかが記載されています。
 また,「コツ&注意点」を随所に記載しております。手術に入る前には,常にこの点を本書で確認し,意識して手術を行い,合併症が起こらないように注意してください。
 担当編集委員として,全編に目を通しましたが,非常にわかりやすい,有益な記載になっています。どうか,本号をスタートに以後のOGS NOWの手術シリーズを愛読いただきますようお願いいたします。

2010 年1 月
平松祐司
全文表示する

目次

開腹法,閉腹法(瘢痕防止を含む)  平松 祐司
運針と縫合  小西 郁生
結紮(糸結び)  小西 郁生
止血法  長田 尚夫
産婦人科手術に使用する針と糸の特徴と選び方  平松 祐司 
産婦人科における手術器具1  パワーソースを中心に  金内 優典ほか
産婦人科における手術器具2  特徴ある器具とその使用法  古谷 健一
子宮周囲の基本的局所解剖  金内優典ほか
卵巣嚢腫摘出術・核出術(開腹法)  藤井多久磨ほか
卵巣嚢腫摘出術(腹腔鏡による方法)  水谷 靖司
巨大卵巣嚢腫摘出術  片渕 秀隆ほか
異所性妊娠(子宮外妊娠)に対する手術(開腹法)  吉田 信隆
異所性妊娠(子宮外妊娠)に対する手術(腹腔鏡による方法)  黒田 恵司ほか
チョコレート嚢胞の手術(開腹法)  竹田  省ほか
卵管結紮術(腹式,腟式,腹腔鏡)  藤本 晃久ほか
卵管狭窄,卵管閉鎖  鎌田 泰彦ほか
広間膜内卵巣腫瘍の摘出術  三橋 直樹
全文表示する

関連する
オススメ書籍