OGS NOW 24

伝えたい私の手術 ArtとScienceの融合

動画で伝授する産婦人科手術の究み

伝えたい私の手術 ArtとScienceの融合

■担当編集委員 平松 祐司
小西 郁生
櫻木 範明
竹田 省

定価 13,200円(税込) (本体12,000円+税)
  • i_movie.jpg
  • A4判  144ページ  オールカラー,イラスト50点,写真200点,Web動画視聴権付き(11本/計57分)
  • 2015年11月5日刊行
  • ISBN978-4-7583-1244-8

OGS NOWシリーズ最終号。スペシャリストのテクニックを動画と共に詳細に解説

産婦人科手術のスペシャリストである編集委員4名が,それぞれ最も得意とする手術手技をストリーミング動画とともに掲載。各項目は通常号よりもボリュームアップ,動画とリンクした写真を多く掲載し,難易度の高い一つ一つの術式を動画と共に詳細に学ぶことができる。また,編集委員から若手医師へのアドバイスなど,手術技術習得への気構えなども学ぶことができる。


序文

『OGS NOW』最終号刊行にあたって

 2010年から年4巻ずつ6年間にわたって発刊してきました『OGS NOW』の最終号(第24巻)をお届けすることになりました。
 当初掲げた『OGS NOW』作成のコンセプトは,
1)手術手技の確実な習得を目標とし,わかりやすいきめ細かい解説をする。
2)イラストを中心に多くの図表を用い,図説を基調とする。
3)“理解し手行う手術”を主眼にする。
であり,この方針に則って企画・編集にあたってきました。従来,盗んで覚えてきた手術のコツ・留意点にについてご執筆いただき,過去の手術書の行間に書かれていたことを解説してもらう方針であったため,いくつも書き直ししていただいた原稿がありました。
 この間,腹腔鏡での子宮体癌手術の保険適用,ロボット手術の開始などの大きな変化もありました。この2領域は今後急速に発展していくものと思います。また,『OGS NOW』の中国語翻訳も進んでいます。
 最終号は,編集にかかわってきた4名の対談と,若い人に伝えたいこだわりの手術を,動画付きで提供することにしました。座談会では,各人がどのようにして手術をマスター,実践し,後輩に伝授してきたかが熱く語られていますので参考になると思います。また,4人の執筆者が担当した記事も,日頃からこだわっている手術であり,動画もつけましたので繰り返しご覧いただき,また最後のメッセージもお読みいただきたいと思います。
 手術は芸術(Art)であり,科学(Science)であると思っています。そして目指すところは,疾病の治癒,患者さんのQOL改善であることを常に忘れてはいけません。絵や書は描き(書き)直したり,自己満足で終わっても構いませんが,手術はやり直しのきかない一発勝負ですので,芸術以上に科学的に裏付けされた知識と厳しい修練が必要です。わが国の手術レベルは,広汎子宮全摘術にみるように,世界的にみても非常に高いレベルにあることが認められており,この伝統は後世に伝えて行かねばなりません。これらの目的に,本書は引き続き貢献してくれるものと思っています。長い間ご愛読いただき有り難うございました。
 最後に,お忙しい中,ご執筆いただいた医師各位,6年間にわたり本企画の編集にあたっていただきましたメジカルビュー社の原 鎮夫,清澤まや,浅見直博の3氏に深謝いたします。

2015年10月
平松祐司
全文表示する

目次

妊娠時および帝王切開時の子宮筋腫核出術  平松祐司
 妊娠中の子宮筋腫管理法
 妊娠時の子宮筋腫核出開始の契機となった症例①
 妊娠時の子宮筋腫核出開始の契機となった症例②
 保存的治療を選択した場合の合併症
 妊娠時の子宮筋腫核出術の適応と禁忌
 インフォームドコンセント
 術前検査
 妊娠時の子宮筋腫核出術の実際
 胎嚢膨隆症例での対処法
 帝王切開時の子宮筋腫核出術
 子宮筋腫合併例での帝王切開手技と注意点
 帝王切開時の子宮筋腫核出術の実際
 出血しやすい部位・操作とその対策
 術後管理
 治療のオプションの1つとして
 メッセージ

再発がんの手術療法  小西郁生
 再発がんの治療は究極の個別化医療
 がん治療における手術療法の重要性
 再発がんに対する手術療法の適応
 術前画像診断の重要性
 再発がん手術における集学的チーム体制
 再発がんにおける手術の基本とコツ
 症例1:骨盤壁に存在する再発腫瘤の摘出:超広汎全摘術の応用
 症例2:同時化学放射線療法(CCRT)後の骨盤内再発:全骨盤除臓術
 メッセージ

子宮頸癌手術における子宮頸部周囲組織の処理 神経温存から基靱帯摘出まで  櫻木範明
 解剖
 局所制御と領域制御
 系統的神経温存広汎子宮全摘術(北大術式)
 骨盤神経叢とその膀胱神経枝を温存しない広汎子宮全摘術
 超広汎子宮全摘術(基靱帯摘出術)
 メッセージ

巨大子宮頸部筋腫核出術  竹田 省
 解剖学的特徴とポイント
 術前検査・画像診断
 術前合併症の対策
 術前の処置・準備
 手術の実際
 子宮筋腫核出術における動脈バルーン閉塞法の適応と特徴
 動脈塞栓後に肺塞栓となった巨大頸部筋腫
 子宮頸部筋腫核出中に頸管粘膜が遊離した症例
 内腸骨動脈バルーン閉塞法を用いて行った子宮頸部筋腫核出術
 メッセージ

[座談会]産婦人科手術を究める “温故育新”から“わざ”を磨くコツ
全文表示する

関連する
オススメ書籍