新Urologic Surgeryシリーズ 8

外傷の手術と救急処置

外傷の手術と救急処置

■担当編集委員 富田 善彦

定価 12,100円(税込) (本体11,000円+税)
  • A4判  168ページ  オールカラー,イラスト185点,写真50点
  • 2011年2月25日刊行
  • ISBN978-4-7583-1257-8

憶えておきたい泌尿器外傷の手術と救急処置

泌尿器科において緊急を要する外傷と病状への対応をまとめた一冊。日常診療での遭遇頻度にかかわらず,泌尿器科臨床医として憶えておきたい外傷の手術と救急処置がある。その手技を豊富なイラストと写真で分かりやすく解説した泌尿器科専門医必携の書である。

■シリーズ編集委員
松田公志/中川昌之/冨田善彦


序文

 早いもので,筆者が医学部を卒業し,泌尿器科医として仕事を始めてから四半世紀がたちました。これまで何件の手術を,何人の先生,看護婦(士,師)さんと一緒にしてきたのでしょうか? 何となくしかわかりません。尊敬する先輩に渡辺悌三先生がおられますが,先生は1961年に新潟大学医学部を卒業し,様々な病院に勤務した後に1978年に開業され,1997年2月いっぱいで外来手術を中止するまでの約36年間の手術をすべてまとめられて出版されています。(本当に素晴らしいことで,真似してみたいと思いますが,生来,ずぼらな筆者は出張手術をまとめていたノートもどこへやら,もう不可能でしょう。)渡辺先生の執刀総数は4,857例です。週3件だけ手術するとしても,1年で150件ですから30年やれば4,500件ですね。そう考えると,自分もそれ以上にはなるのかな?と思っています。
 さて,手術は「チーム」で行うものですが,これまで本当にいろいろな先生がおられました。皮膚切開して「血」を見るとなぜか呼吸が荒くなる先生や,直接介助のナースに大声で厳しい「指導」をする先生,鈎引きが甘くなると「頭突き」をする,今では考えられない先生もいました。また,ある著名な先生は,(聞くところによると)手術室に入った瞬間に「性格が豹変」する等々,手術,術者にまつわる話は尽きません。ところで,筆者が「種本」にする手術書は,新人の時に買ったBlandyから始まって,Cambell(第5版),Glenn,Crawford,Hinmanなどですが(本シリーズはもちろんです),私はHinman,総論の部分にある,‘Strategy and Tactics’がとても好きです。彼は「手術はヨットのレースと,とてもよく似ている」,といっています。術者は艇長(skipper)で,十分な知識と技術を持ってクルーとともにゴールをめざすのです。「一人でレースをするのは不可能であり,風を読み,状況を判断し,クルーに指示を出し,最も効率的なコース取りや操艇をする。クルーは艇長(術者)の意図をいち早く理解し,迅速に行動する。手術も同じ。」本当にその通りです。「艇長(術者)は,‘EQUANIMITY’を持って‘Don’t lose your temper.’である。」そうです,そうです,筆者は手術中に大声をだすのも聞くのも嫌いです。時に「すべって」もいいから駄洒落言ったりしながら,「ヤマ場」では集中する,そして常に「‘Be compulsive about detail. Be gentle but not indecisive.’」ですね。
 泌尿器救急疾患の手術は,予定手術よりも,さらに「冷静,沈着,正確,迅速」が求められることになります。執筆の先生方はそれぞれの緊急疾患に,実際に対応されてきた先生方です。本刊が緊急疾患に遭遇した時の手引きとなれば幸いです。

2011年1月
冨田善彦
全文表示する

目次

I 外傷    
  腎外傷の分類と診断  中島洋介
  腎外傷に対するIVR  西巻 博
  腎外傷の手術  三宅秀明,藤澤正人
  膀胱破裂の診断と治療(保存的治療を含む)  新垣義孝
  尿管損傷の手術  中川昌之
  尿管腟瘻,膀胱腟瘻の手術  大山 力
  尿道外傷の診断と治療(1)  
   騎乗外傷,骨盤骨折による膜様部損傷の新鮮例の診断,処置,手術  兼松明弘,小川 修
  尿道外傷の診断と治療(2)  
   外傷後の狭窄・断裂に対する治療,ステント・手術(二期的手術を含む)など  武田正之,座光寺秀典,宮本達也,犬塚秀康,荒木勇雄
  陰茎折症の手術  永尾光一,石井延久
  陰嚢部損傷・精巣外傷の手術  中村信之,田中正利
II 救急処置    
  腎出血の診断と治療  麦谷荘一,大園誠一郎
  腎後性腎不全に対する治療  田邉一成
  膀胱出血および膀胱タンポナーデに対する処置  松山豪泰
  尿閉に対する処置:尿道狭窄症例に対する導尿, 膀胱穿刺, 膀胱瘻造設  野村威雄,三股浩光
  精索捻転症に対する診断・手術  三井貴彦,野々村克也
  持続勃起症の手術  西澤 理,鈴木尚徳,加藤晴朗
  嵌頓包茎に対する処置  金山博臣
  Fournier壊疽に対する処置・手術  白石裕介,山本新吾
  急性腎盂腎炎を伴う上部尿路結石に対する手術(膿腎症,尿管結石嵌頓に伴うものを含む)  石井達矢,冨田善彦
全文表示する