新NS NOW 12

Minimally Invasive Neurosurgery : Up date

脳・神経・外科 低侵襲手術の今

Minimally Invasive Neurosurgery : Up date

■担当編集委員 森田 明夫

定価 12,100円(税込) (本体11,000円+税)
  • A4判  204ページ  オールカラー,イラスト120点,写真160点
  • 2017年12月1日刊行
  • ISBN978-4-7583-1572-2

「小侵襲ってなんだ?」を問い続ける

No.12ではMinimally Invasive Neurosurgeryをテーマに取り上げた。
MISによる患者負担の軽減は脳神経外科手術の目指すところである。しかしさまざまな条件により「最適な侵襲」は変化するため,手術を行う医師は患者ごとに「この症例にとってのMISはなにか」を考えなくてはならない。それは皮膚切開や開頭の位置・大きさなどだけでなく,治療法の選択にも及ぶ。
本書では循環器や泌尿器といった他科でのMISを参考例として挙げつつ,脳神経外科の各種手術・治療法の手技を最新の最小侵襲の観点から紹介している。MISを自問する脳神経外科医にとって示唆と気付きに富んだ1冊である。

■シリーズ編集委員
森田明夫/伊達 勲/菊田健一郎


序文

 編者がPerneczky先生の施設でMinimally Invasive Neurosurgery(MINS),内視鏡手術を研修したのは1997年であり,Fukushima,Perneczky,Jho教授らにより低侵襲手術の可能性・有用性が強調され,普及しはじめてすでに20年以上が経過している。その間に耳鼻科で汎用されていた内視鏡が脳神経外科領域で頻繁に用いられるようになり,さまざまな外科領域でも内視鏡手術が主流を占めるようになった。日本でも多くの優れたMINS術者が生まれ,日本発の進歩もはじまっている。
 一方で低侵襲手術のコンセプトが「小さい開頭や進入アクセスにこだわる」という意味にとらえられてしまう傾向も生まれてしまったのも事実である。Yasargil先生や上山先生はそのような動向に警鐘を鳴らし,決して脳や神経,血管組織への侵襲を忘れてはならず,「低侵襲=脳への低侵襲」という基本コンセプトを大切に持ち続けなければならないことを強調していらっしゃる。本書では日本有数の低侵襲脳神経外科手術とradiosurgeryを手がける術者によるMinimally Invasive Surgeryの現況と限界,pitfallを含めて記載をお願いし,さらにほかの外科領域での低侵襲外科の進歩を吸収すべくそれぞれの領域のspecialistに特別に寄稿をお願いした。
 内容は現在知りうるMINSの可能性を網羅し,その問題点と可能性を十分示すものとなっていると自負する。また他領域からも多くを学ぶ材料を提供していると思う。
 ぜひ本書が真の意味での低侵襲手術とはなにかを伝え,脳神経外科手術・治療を受ける患者のADLの向上に資することができることを期待する。

日本医科大学大学院脳神経外科学大学院教授
森田明夫
全文表示する

目次

I 総論
Minimally invasive surgeryの歴史と展望   森田明夫
ロボット脳神経外科手術について   後藤哲哉

II 各論
Keyhole surgery 小開頭による脳動脈瘤手術   森健太郎
Keyhole surgery 頭蓋底腫瘍   谷口理章
神経内視鏡下での経鼻アプローチによる頭蓋底手術   辛 正廣,ほか
安全な経鼻アプローチのための手技の工夫   石井雄道
Keyhole approach for MVD update   藤巻高光
内視鏡下脳室アプローチ   村井尚之
内視鏡下脳内および脳室内腫瘍摘出術   岸田悠吾,ほか
小開頭脳動脈瘤手術の適応とセットアップ   竹田理々子
脊椎内視鏡によるヘルニア摘出術
 経皮的内視鏡下ヘルニア摘出術(percutaneous endoscopic discectomy)  竹内幹伸,ほか
Skull base
 頭蓋底および錐体斜台部への小侵襲到達   後藤剛夫,ほか
Gamma knife治療   赤羽敦也
下垂体腺腫に対するCyberKnife® 治療   佐藤健吾

III 他領域のMIS
ロボット支援下心臓外科手術
 僧帽弁形成術   石川紀彦,ほか
ロボット支援前立腺全摘術   大堀 理
整形外科領域におけるMIS
 腰椎変性疾患に対するoblique lateral lumbar interbody fusion(OLIF)  木村 敦
整形外科領域におけるMIS
 腰椎椎間板ヘルニアに対するMIS   井上泰一
消化器外科領域の高難度腹腔鏡下先進手術
 腹腔鏡下膵切除術   中村慶春,ほか
耳科領域における内視鏡下手術   伊藤 吏,ほか
副鼻腔内視鏡手術   池田勝久
婦人科腹腔鏡手術の過去,現在,未来
 動作制限,視野制限を克服して拡大視野を享受する   明樂重夫

◆シリーズ わたしの手術記載
① 経鼻内視鏡手術
 巨大下垂体腺腫に対する二期的開頭→経鼻手術   阿久津博義
②頭蓋咽頭腫の内視鏡下経鼻的頭蓋底腫瘍摘出術   岡 秀宏
全文表示する

関連する
オススメ書籍