これで見えます

救急エコーはじめて手帖

救急エコーはじめて手帖

■著者 池田 迅

定価 2,860円(税込) (本体2,600円+税)
  • B6判  186ページ  2色(一部カラー),ビニールカバー,イラスト200点,写真200点
  • 2015年3月5日刊行
  • ISBN978-4-7583-1582-1

この本でエコーの見方がわかるようになる!

「難しい理論は抜きにして,とにかく超音波を当てていくと見えるようになる」という著者の実感を,写真とイラストでわかりやすく解説。この本を手にエコーを当ててみれば,まるで著者が横に立って指導しているかのようにエコーが取扱えるようになる。見えやすい臓器から掲載し,頁をめくって実践していけば自然と上達して,あらゆる臓器が見えるようになる。放射線診断前の最初の診断をつけるのにエコーがどんなに便利か,きっと実感できるようになる。


序文

 この本を手に取り,そして開いていただきありがとうございます。このページを読んでいただいているということは,エコーが気になっていますね。それとも救急ですか? いずれにしてもありがとうございます。まずは序文だけでも,このまま読み進めて下さい。
 突然ですが,どうでしょう,エコーはもう使いこなせていますか?
 正直なところ,私は医者になって数年間,エコーの重要性をあまり認識できていませんでした。恥ずかしながら「技師さんがやってくれるもの」くらいに思っていました。その状態から数年でエコーの本を書くなんて,本当に信じられない思いです。
 エコーの重要性については,福井大学病院救急部でER診療をするようになってから,強く感じるようになりました。それまで救急診療を主にやっていたわけではなかったので,外傷救急や骨折,眼科などマイナー疾患のことについてほとんど知識がなく,FASTという言葉もたいして知らなかったくらいでした。ERで診療をしていく中で,FASTから徐々にエコーの重要性について,身を以て知るようになりました。なにせリアルタイムで状態がわかる,腹部臓器だけでなく,肺だって,骨折だって,軟部組織から網膜剥離まで,わかってしまう。しかも,患者さんに放射線被曝もない,動かないように抑制や鎮静をする必要もない。それって,すごいことじゃないですか!?
 その思いをぜひ,皆さんにも感じて欲しくて,この本を作りました。
 この本のコンセプトは「エコーをより身近に,より気軽に」です。まずは難しいことは考えずやってみる。そしていつか,エコーを聴診器のように,はたまた携帯電話やパソコンのように,気軽に使える存在にしてもらいたいということです。
 もちろん,この本だけではエコーの奥深さをすべてお伝えすることはできません。しかし,ぜひこの本を利用して,エコー上級者への第一歩を踏み出してもらえればと思います。

 この本を出版するにあたり,企画の段階からご尽力いただいた,メジカルビュー社石田奈緒美さんに最大限の謝意を表します。
 
 最後に,どんなときも応援してくれ,支えてくれる,父 透,母 光実,妹 英里へ,いつもありがとう。

2015年1月吉日
池田 迅
全文表示する

目次

第1章 エコーの使い方

第2章 FAST
 心嚢腔
 肝周囲・モリソン窩+α右胸腔
 脾周囲+α左胸腔
 膀胱周囲・ダグラス窩(子宮直腸窩)
 EFS

第3章 腹部
肝臓
 肝腎コントラスト
 脂肪肝
 肝嚢胞
 肝腫瘍
 肝血管腫
 肝硬変
胆嚢
 急性胆嚢炎
 胆石症
 慢性胆嚢炎
 胆嚢癌
 総胆管結石症
膵臓
 急性膵炎
 慢性膵炎
 膵嚢胞,仮性嚢胞
 膵腫瘍
脾臓
腎臓
 水腎症
 腎結石
 腎腫瘍
腸管
 腸閉塞
 腸炎
虫垂
 虫垂炎
 壊疽性虫垂炎
女性の腹痛
 EFS陽性
 卵巣嚢腫茎捻転
 子宮腫瘍

第4章 頸部・胸部
甲状腺
 結節性甲状腺腫(腺腫様甲状腺腫)
 びまん性甲状腺腫大
 亜急性甲状腺炎

 気胸
心臓
 心筋梗塞

第5章 脈管
頸動脈
 頸動脈のプラーク所見①
 頸動脈のプラーク所見②
大動脈
 大動脈解離
 腹部大動脈瘤
下肢深部静脈
 壁在血栓
 血栓閉塞

コラム
 マラソン
 怒る人,怒れる人,怒られる人
 FAST
 ルーチン
 気分転換
 日々やっておくべきこと
 毎年繰り返すヤツ
 福井
 尊敬できる人
全文表示する

関連する
オススメ書籍