ステントグラフトの大技・小技

胸腹部大動脈瘤へのワンランクアップの対処術

ステントグラフトの大技・小技

■編集 西巻 博
田島 廣之
加藤 雅明
岡 克彦

定価 13,200円(税込) (本体12,000円+税)
  • B5変型判  328ページ  2色(一部カラー),写真450点
  • 2017年10月27日刊行
  • ISBN978-4-7583-1600-2

ステントグラフト技術のすべてを知り,あらゆる症例に臨機応変に対処することを目指す医師に必携の書

胸腹部大動脈瘤のステントグラフト手技に関して,経験を積んだ医師がワンランク上の内挿術を行えるよう,デバイスの選択も含めた考え方や問題解決のための工夫をまとめた書籍。
構成を【腹部】【胸部】【共通】とし,【腹部】【胸部】では,状態に沿った様々な手技をあらゆるデバイスを用いて解説。【共通】ではアクセス困難な症例,術中トラブル,合併症などをまとめ,より実用性のあるものとした。また,各施設で行われている技術を知る手立てとしても役立つ1冊となっている。


序文

編集の序

 我が国において企業製腹部用デバイスの保険収載が2007年,胸部用デバイスのそれが2008年と本格的に大動脈瘤に対するステントグラフト治療が始まって約10年が経過しました。導入初期より我が国の治療成績は欧米の治療成績を凌駕するレベルにあり,それには日本ステントグラフト実施基準管理委員会の功績は多大であります。この10年間において様々な企業製デバイスが登場し,デバイスの発展は今もなおその途上にあります。また,様々なテクニックが考案される一方で問題点も明らかになってきています。
 本書は『大技・小技』と題し,この10年間に実臨床の現場で培われた大動脈瘤に対するステントグラフト治療にまつわる多くの経験と見解を第一線で活躍されているエキスパートの先生方にご執筆いただきました。単なる技術的な解説に留まらず,現時点の治療成績から術中のトラブルや合併症についても網羅しました。ご執筆いただいた先生方に深く感謝申し上げます。また,本書にはIFU(Instruction for use)外の症例に対する治療のオプションも記載はされていますが,本書は決してIFU外の治療を推奨するものではありません。本書を通じて知識のひきだしを増やし,これから経験するかもしれない事例に際して,最大限に活用していただければ幸いです。大動脈瘤の治療に際して,「策士,策に溺れる」のではなく,俯瞰的視点で患者ファーストの治療を目指すことを常に肝に銘ずるのはいうまでもありません。
 本書が我が国におけるステントグラフト治療のより安全で確実な治療法の普及とさらなる発展に貢献できることを願ってやみません。

2017年9月
西巻 博
田島廣之
加藤雅明
岡 克彦
全文表示する

目次

第1章 腹部
①標準治療
 EVARの標準的治療  吉川公彦,岩越真一,市橋成夫
②ショートネック症例への対処法
 総論―short proximal neck lengthについて―  西巻 博
 Endowedge techniqe  堀 祐郎
 腹部 chimney法の原則  加藤雅明
 【私はこうしている】Chimney(snokel)法  堀 祐郎
 Kilt techniqe(predeployed aortic extention cuff)  西村潤一
 自作(surgeon-made)fenestration の原則  加藤雅明
 【私はこうしている】Zenithを用いた自作開窓ステントグラフト  青木 淳
 Fenestrated stent graft(custom-made)  東浦 渉
 Palmaz ステント(XL)の是非  加藤雅明
 バイパス・デブランチ  加藤雅明
 Distal short neck length  尾原秀明
 今後期待されるデバイス  西巻 博
③屈曲症例への対処法
 総論  岡 克彦
 Excluder cuff 積み上げ  岡 克彦
 Top cap open & push  加藤雅明
 Pull-through法  西巻 博
 スクラム法  千葉 清,西巻 博
 Aorfix  長谷聡一郎
 今後期待されるデバイス  小川普久,西巻 博
④両側総腸骨動脈瘤への対処法
 総論  瀧澤玲央,金岡祐司,大木隆生
 両側内腸骨動脈塞栓 ①コイル  嶺 貴彦,金城忠志,田島廣之
 両側内腸骨動脈塞栓 ②プラグ  岡 克彦
 両側内腸骨動脈塞栓 ③NBCA  西村潤一
 片側内腸骨動脈再建 ①バイパス  保坂晃弘
 片側内腸骨動脈再建 ②Iliac bifurcated device;IBD  加藤雅明
⑤ブランチのカバー(アクシデンタル)
 総論  渋谷慎太郎
 カニュレーションの仕方 ―大動脈バルーンの利用を含めて—  堀 祐郎
 Open surgeryとEndovascular surgeryのコンビネーション  前田剛志,金岡祐司,大木隆生
 【小技!】シース弁穿刺  西巻 博
⑥エンドリークの診断
 エンドリークの診断方法(CT,MRI,超音波)  小川普久,西巻 博
 エンドリークの鑑別  市橋成夫,岩越真一,吉川公彦
⑦Type Ⅰ エンドリークへの対処法
 総論  福井大祐
 Aortic-extension  上田達夫,三樹いずみ,川俣博志
 【小技!】ブランチカバーに際しての準備  西巻 博
 Palmaz ステント(XL)の追加  嶺 貴彦,長谷部光泉,田島廣之
 Chimney法  堀 祐郎
 Fenestrated stent graft  加藤雅明
 Embolization  西巻 博
 Open-conversion  渋谷慎太郎
⑧Type Ⅱ エンドリークへの対処法
 総論  小野澤志郎,村田 智,田島廣之
 経カテーテル的動脈塞栓術  本郷哲央
 【私はこうしている】SEBOA(sac embolization with balloon oclusion of the aorta)  西巻 博
 直接穿刺 ①CTガイド下  小川普久,西巻 博
 直接穿刺 ②ISOP  小川普久,西巻 博
 予防的動脈瘤分枝塞栓術―シースサポートテクニック  当麻正直
 予防的動脈瘤内塞栓術  中井資貴,生駒 顕  
 鏡視下腰動脈結紮術  荻野秀光
 Open-conversion  吉鷹秀範
 薬物療法―トラネキサム酸―  青木 淳
⑨Type Ⅲ エンドリークへの対処法
 総論  中澤 賢,朝倉利久,田島廣之
 Double D technique  西巻 博
⑩Type Ⅴ エンドリークへの対処法
 総論  吉鷹秀範
⑪破裂性大動脈瘤への対処法
 総論  長谷聡一郎
 大動脈閉塞バルーン  加藤雅明
 Double balloon technique  森景則保
 瘤内塞栓―瘤内造影と破裂部NBCA塞栓―  小池祐哉
 腹部コンパートメントの診断と治療法  荻野秀光
 
第2章 胸部
①標準治療
 TEVARの基本的手技  加藤雅明
②ショートネック症例への対処法
 総論  加藤雅明
 胸部 chimney法の原則  加藤雅明
 【私はこうしている】Chimney(snokel)法   善甫宣哉
 Custom-made branch(fenestration)デバイス  倉谷 徹
 Fenestrated stent graft(surgeon-made)  柴田 豪,森下清文
 Squid capture法を用いたin situ fenestration  宮本伸二,本郷哲央
 One debranching  加藤雅明
 Two debranching  加藤雅明
 Total debranching  加藤雅明
 Distal short neck length  岡 克彦
 Sandwich techniqe  寺井恭彦,三岡 博
 これからのステントグラフト治療  倉谷 徹
③偽腔閉鎖への対処法
 総論―B型解離に対するステントグラフト治療―  倉谷 徹
 Primary entry閉鎖  上田達夫,斎藤英正,川俣博志
 Spot stenting  内田敬二
 Liner technique  西巻 博
 Candy-plug technique  西巻 博
 腹部デブランチTEVAR  宮本伸二
 Fenestrated stent graft  加藤雅明
 Endovascular fenestration for malperfusion  西巻 博
 今後期待されるデバイス  小川普久,西巻 博
④プロテクション
 総論―TEVAR 時における脳梗塞予防―  小澤博嗣,金子健二郎,大木隆生
 バルーンプロテクション  加藤雅明
 フィルタープロテクション  本郷哲央
 脱血フィルター―1 時体外フィルター付き動静脈シャントによるプロテクションシステム  本郷哲央,宮本伸二,溝口貴之
 PCPS を用いた脳血流完全分離  宮本伸二,本郷哲央
⑤エンドリーク
 総論  岡 克彦
 Type Ⅰエンドリーク―特殊なテクニックを使用した治療—  三岡 博
 Type Ⅱエンドリーク  小川普久,西巻 博
 Type Ⅲエンドリーク  志村信一郎,長 泰則
⑥胸部大動脈瘤破裂と外傷性大動脈損傷
 総論  栗本義彦
 
第3章 共通
①アクセス困難な症例への対応
 Hostile accces について―総論―  西巻 博
 CTO―AIOD―  三岡 博
 CTO  小川普久,西巻 博
 Aorto-uni iliac;AUI  福井大祐
 Internal endoconduit 法  西巻 博
 CIA アプローチ  加藤雅明
 上行大動脈アプローチ  上田達夫,杉原史恵,田島廣之
 Double-wire technique  長谷聡一郎
 今後期待されるデバイスやテクニック―Incraft AAA  原 正幸,金岡祐司,大木隆生
②術中トラブルへの対応
 総論  川口 聡
 大動脈損傷(破裂,解離)  金城忠志,竹ノ下尚子,田島廣之
 末梢塞栓  山﨑元成
 アクセス損傷(解離, 穿通, 引き抜き)  上田達夫,安井大祐,田島廣之
 腎動脈閉塞のリカバリー―AFX proximal extension の引き下げ法―  長谷聡一郎
 デバイス回収困難―AFX によるendo knot:発生機序と対処法―  長谷聡一郎
 頸部分枝閉塞  馬場 健,金岡祐司,大木隆生
 造影剤アレルギー  岡 克彦
 透視装置・インジェクターのスタック  岡 克彦
③経皮的アプローチ
 総論  橋本孝司,加藤憲幸
 パークローズ Proglideを用いたステントグラフト治療  橋本孝司,加藤憲幸
 Angio-Sealを用いたシース穿刺部の止血  山﨑元成
④特殊な状況に対するステントグラフト
 上行大動脈瘤に対するステントグラフト  小川普久,小野澤志郎,西巻 博
 感染瘤に対するステントグラフト  戸谷直樹
 大動脈食道瘻(AEF)に対するステントグラフト  志村信一郎,長 泰則
⑤術前コンディションが悪い患者の管理
 総論  加藤雅明
 DIC  加藤雅明
 呼吸器疾患を有する大動脈疾患の治療  白川 真,井村 肇
 Frailty  千葉 清,西巻 博
 腎機能低下(CO2造影を含めて)  戸谷直樹
⑥術後合併症(合併症対策)
 総論  岡 克彦
 腎機能障害(CCEを含めて)  保坂晃弘
 虚血性腸炎・腸壊死  林田直樹
 Blue toe  深田 睦
 脳神経障害  千葉 清,西巻 博
 脊髄神経障害  千葉 清,西巻 博
 熱発  戸谷直樹
 出血傾向(local DIC)  輕部義久
 リンパ嚢腫(リンパ管造影を含めて)  西村潤一,ウッドハムス玲子
 殿筋跛行  岡 克彦
 EVAR後の脚閉塞  西巻 博
 SINE  西巻 博
 逆行性解離  千葉 清,西巻 博
 AEF;aortoenteric fistula  浅野宗一
 Disconnection syndrome  志村信一郎,長 泰則
 中枢・末梢 migration  長谷聡一郎
全文表示する

関連する
オススメ書籍