2010年7月号 Vol.26 No.7

最近注目されてきた乳癌および乳癌と鑑別を要する良性疾患の画像と病理

臨床画像 2010年7月号
定価 2,530円(税込) (本体2,300円+税)

目次

■特集:最近注目されてきた乳癌および乳癌と鑑別を要する良性疾患の画像と病理
 序文/遠藤登喜子
 最近注目されてきた乳癌および乳癌と鑑別を要する良性疾患の病理像/森谷鈴子
 マンモグラフィでこそ発見・診断できる乳腺疾患の画像と病理/松林(名本)路花
 超音波でこそ発見・診断できる乳腺疾患の画像と病理/渡辺隆紀
 乳腺構造の理解に基づいた超音波検査法と精度管理/森田孝子
 乳腺IVRの考え方と実施上のポイント
  1 マンモグラフィガイド下IVR/窪田智行
  2 超音波ガイド下IVR/大岩幹直
  3 MRIガイド下IVR/戸崎光宏
 デジタルマンモグラフィ・モニタ診断の正しい使い方/遠藤登喜子
 
●Current Topics: 頸動脈病変の画像診断とIVR 1〜7
 5.頸動脈狭窄の治療:CEAを中心に/陶山一彦
 6.CAS:適応と基本手技/相良佳子
 7.CAS:治療成績と合併症/高山勝年

●新連載
 画像診断医に求められる職業意識 −「非臨床能力」の教育について−【第1回】/江原 茂

●連載
 私が行っている基本手技 若手に伝えたい侵襲的検査・IVRの技【第2回】/水沼仁孝
 Best教育症例2010【第8回】/加藤 洋
全文表示する

関連する
お勧め書籍