2013年9月号 Vol.29 No.9

正常と異常の境界:初期病変を画像診断でとらえる

臨床画像 2013年9月号
定価 2,640円(税込) (本体2,400円+税)

目次

■特集:正常と異常の境界:初期病変を画像診断でとらえる
 序説/高瀬 圭
 脳萎縮:正常と異常の境/瀧 靖之
 胸部画像:正常と異常の境-日常診療で遭遇する注意すべき画像所見-/冨永循哉
 乳腺の境界病変-良・悪性境界病変の画像診断-/森 菜緒子
 大動脈:正常と異常の境/東 将浩
 動脈硬化の画像診断-頸部頸動脈病変を中心にして-/大田英揮
 骨病変:正常と異常の境/常陸 真
 肝細胞癌:前癌病変から早期肝癌の画像所見/小坂一斗
 副腎病変:正常と異常の境/清治和将
 
●連載
・2013年1月号特集アドバンストコース
 単純X線撮影からみた骨・関節疾患の診断/江原 茂

・X線CTの発明から今日まで【6】/山口 功

・私を変えたこの論文【4】/山上卓士
全文表示する