2019年1月号 Vol.35 No.1

CT・MRI時代の単純X線写真

いつ撮る? どう読む?

臨床画像 2019年1月号
定価 2,750円(税込) (本体2,500円+税)

目次

■特集:CT・MRI時代の単純X線写真:いつ撮る? どう読む?  企画/粟井和夫,編集/髙橋雅士
 序説/髙橋雅士
【胸部X線写真】
 肺癌/谷本大吾ほか
 肺炎,肺感染症/南部敦史
 間質性肺疾患/野間惠之ほか
 縦隔疾患/井手香奈ほか
 心大血管病変/西川真木子ほか
 小児/小熊栄二
【骨X線写真】
 骨腫瘍性病変/寺村易予ほか
 関節炎/神島 保ほか
【トピックス】
 単純X線写真におけるAIおよびCADの活用/寺澤 岳ほか

●New Year Special
 模型で理解しよう−Roux–en–Y再建術とPetersenヘルニアのCT診断に役立つ工夫−/久保田 潤

●新連載
・となりの読影室[第1回]  
 国立がん研究センター中央病院/曽根美雪

●連載
・頭蓋内病変の画像所見スペクトラム[第3回] 
 脳腫瘍MIMIC−脳腫瘍との鑑別が必要な脳実質内腫瘤性病変−/飯島 健ほか

・特集アドバンストコース[Vol.34,9月号特集] 
 乳房画像診断:MRIとPET/佐竹弘子
全文表示する