2011年7月号 Vol.30 No.7

運動器疾患に対するステロイド療法の功罪

関節外科 2011年7月号
定価 2,640円(税込) (本体2,400円+税)

目次

■特集:運動器疾患に対するステロイド療法の功罪  企画・編集:小宮節郎
 introduction  小宮節郎
 副腎皮質ホルモンの発見とステロイド製剤による治療の歴史:内科  住友秀次
 副腎皮質ステロイドの体内動態:内科 −生理,1日分泌量,および日内変動について−  平野俊彦
 副腎皮質ホルモン製剤の選択と治療の実際:内科  柳田英寿
 副腎皮質ステロイドの主作用と副作用:内科  横田和浩ほか
 ステロイド性骨粗鬆症の病態,予防,治療:整形  宗圓 聰
 若年性特発性関節炎(JIA)に対するステロイド治療の実態と副作用への対応:小児科  武井修治
 SLEなどの膠原病に対するステロイド療法の実際と大腿骨頭壊死症の危険性:膠原病内科  関谷文男ほか
 ステロイド性骨壊死における酸化ストレス発生と予防法:整形 −ステロイドによる大腿骨頭壊死発生予防の確立に向けて−  市堰 徹ほか
 関節リウマチに対するステロイド治療の現状:内科  川尻真也ほか
 ステロイド薬関節内注入療法の実際とステロイド関節症の危険性:整形  加来信広
 ブロック療法におけるステロイドの意義:ペインクリニック  信太賢治ほか
 肉腫化学療法における悪心・嘔吐対策としてのステロイドの意義:整形  横内雅博

●症例と治験
 大腿骨転子下骨切り併用人工股関節置換術における早期骨癒合をめざした工夫点とその成績  坂越大悟ほか

●連載
 手術の巧 第7回
  大腿骨頭後方回転骨切り術−関節包靱帯の輪状切開を完全に行わない方法−  渥美 敬
全文表示する

関連する
お勧め書籍