2016年5月号 Vol.35 No.5

脊椎領域におけるスポーツ医学の最近の話題

関節外科 2016年5月号
定価 2,640円(税込) (本体2,400円+税)

在庫僅少です。


目次

■特集:脊椎領域におけるスポーツ医学の最近の話題  企画・編集:山崎正志
 introduction  山崎正志
 アスリートの腰部障害の発生機序と予防対策  金岡恒治
 腰椎分離症の診断とスポーツ復帰  青木保親ほか
 スポーツ選手の腰椎椎間板ヘルニアに対する内視鏡下後方手術  寺井秀富ほか
 アスリートの腰椎椎間板ヘルニアに対するPEDの治療成績  中前稔生ほか
 スポーツ選手の腰痛の正確な診断に基づく低侵襲治療  山下一太ほか
 アスリートの筋・筋膜性腰痛の病態と治療  吉本三徳ほか
 コンタクト・コリジョンスポーツにおける一過性四肢麻痺とスポーツ復帰  月村泰規
 頚椎症性神経根症からのスポーツ復帰  天野国明ほか
 アスリートに対する頚椎内視鏡手術  中川幸洋ほか
 成長期の腰痛−スポーツ損傷としての仙骨疲労骨折−  兼子秀人ほか
 アスリートにおける黄色靱帯骨化症-野球選手を中心に-  加藤欽志ほか
 サーファーズ・ミエロパチー  稲田邦匡

●連載
・これだけは知っておきたい,整形外科的徒手検査法 第5回
 整形外科の歴史を変えた偉人たち 第5回
全文表示する