2016年7月号 Vol.35 No.7

側弯症手術

術式の進歩と改善点

関節外科 2016年7月号
定価 2,640円(税込) (本体2,400円+税)

目次

■特集:側弯症手術—術式の進歩と改善点— 企画・編集 小宮節郎
 introduction  小宮節郎
 コネクタータイプの椎弓根スクリューと3DCDを用いた側弯矯正  川上紀明
 Uniaxial screwとPonte osteotomyを用いた手術  鈴木哲平ほか
 Simultaneous double rod rotation法  伊東 学
 ナビゲーションを用いた側弯症手術のadvantageとpitfall  竹下克志
 Screw densityと矯正率  高橋 淳ほか
 Sublaminar tapingを用いた手術  小谷俊明ほか
 思春期特発性側弯症Lenke分類type 1に対するshort fusion strategyによる術後肩バランスの維持  渡辺航太ほか
 肩バランスと近位胸椎カーブの矯正  米澤郁穂
 胸椎矯正固定で得られる腰椎の回旋矯正  出村 諭ほか
 特発性側弯症における術前後の乳房の左右差について  小野 睦ほか
 特発性側弯症手術における胸椎後弯獲得の意義  山元拓哉ほか
 腰椎カーブに対する前方固定術の優位性  稲見 聡ほか
 腰椎カーブに対する後方矯正固定術,前方法との比較  岡田英次朗ほか
 
●連載
・これだけは知っておきたい,整形外科的徒手検査法 第7回
 整形外科の歴史を変えた偉人たち 第7回
全文表示する