2018年12月号 Vol.37 No.12

腰痛治療の最前線

関節外科 2018年12月号
定価 2,640円(税込) (本体2,400円+税)

在庫僅少です。


目次

■特集:腰痛治療の最前線  企画・編集:大鳥精司
Ⅰ. 腰痛の機序  
 腰痛の発症メカニズム  澤地恭昇ほか
 高齢者骨粗鬆症性・筋性腰痛の機序−サルコペニア,脊柱アライメントに着目して−  江口 和ほか

Ⅱ. 腰痛の疫学  
 腰痛の疫学−大規模住民調査の結果より−  橋爪 洋ほか

Ⅲ. 腰痛の診断  
 MRIを用いた腰痛の可視化の可能性  高島弘幸ほか
 脊椎疾患による神経障害性疼痛の新たなスクリーニングツール−Spine painDETECTの開発−  二階堂琢也ほか
 腰痛診断のpitfallとなりやすい上・中殿皮神経の絞扼について  青田洋一ほか

Ⅳ. 腰痛の治療  
 腰痛に対する保存療法−運動療法−  本郷道生ほか
 腰痛の薬物療法  橘 俊哉
 腰痛の手術療法  大場悠己ほか
 腰痛のリエゾン療法  鉄永倫子ほか

Ⅴ. 腰痛の医療経済  
 腰痛の医療経済  海渡貴司

Ⅵ. 腰痛治療の今後の期待  
 腰痛に対する再生医療の現状 2018 update  酒井大輔
 脊椎疾患に対する同種骨移植  井上 玄ほか
 腰痛に対するロボットリハビリテーションの応用  國府田正雄ほか
 腰痛疾患への脊髄刺激療法(spinal cord stimulation)の適応と限界  志賀康浩ほか
 
●連載
・これだけは知っておきたい,整形外科的徒手検査法
 第36回 上肢,頚椎 Allen test for TOS  日吉 優ほか
全文表示する