2024年3月号 Vol.43 No.3

ゆるい肩(非外傷性肩関節不安定症)とどう向き合うか

関節外科 2024年3月号
定価 2,750円(税込) (本体2,500円+税)
  • B5判  128ページ  
  • 2024年2月19日刊行

目次

■特集:ゆるい肩(非外傷性肩関節不安定症)とどう向き合うか  企画・編集:北村歳男
1.概論
非外傷性肩関節不安定症とは  井樋栄二

2.診断と治療選択
非外傷性肩関節不安定症の混在する病因への対応:トライアングルセオリー  北村歳男ほか
非外傷性肩関節不安定症の診断と徒手検査法  名越 充
ゆるい肩と神経症状:胸郭出口症候群とのかかわり  船越忠直ほか
スポーツにおけるゆるい肩に対する診断と治療  山崎哲也

3.手術療法
非外傷性肩関節不安定症に対する鏡視下手術の適応と限界  高橋憲正
非外傷性肩関節不安定症における直視下手術の適応と限界  荻野修平

4.保存療法
非外傷性肩関節不安定症における装具療法の位置付け  大前博路ほか
理学療法士としての非外傷性肩関節不安定症症例への向き合い方:計画の立て方と訓練の工夫  野口 悠ほか
非外傷性肩関節不安定症におけるPNFを利用した治療について  遊佐 隆
非外傷性肩関節不安定症:スポーツでのリハビリテーション  飯田博己ほか

5.Ehlers-Danlos 症候群の治療経験
私のEhlers-Danlos症候群の経験:肩関節の手術症例について  菅谷啓之
私のEhlers-Danlos症候群の経験:複数の装具による保存療法を行った肩関節多方向不安定症の1例  徳永琢也ほか

●連載
・傷をきれいに治す~外科的治療成功への第一歩~(第6回)
「外傷に伴う傷の扱い方」  松村福広

・話したくなる 整形外科 人物・用語ものがたり(第20回)
「ガラスの天井をぶち破った近代日本最初の女性医師:荻野吟子」  小橋由紋子
全文表示する
閉じる

会員登録されている方

メールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

注)共有パソコンの方はチェックを外してください。

会員登録されていない方

会員登録されると次回からお客様情報をご入力いただく必要がありません。
また,購入履歴の確認ができる便利な機能がご利用いただけます。

個人情報の取り扱いについてはこちら