2015年9月号 Vol.19 No.9

SHDインターベンション治療適応の現状と問題点を考える

Heart View 2015年9月号
定価 3,080円(税込) (本体2,800円+税)

目次

■特集:SHDインターベンション治療適応の現状と問題点を考える  企画・構成/林田健太郎
 特集企画にあたって  林田健太郎
診る  
 1.大動脈弁狭窄症:何を診るべきか?  有田武史
 2.僧帽弁逆流:何を診るべきか?  出雲昌樹
 3.先天性心疾患:何を診るべきか?  椎名由美,小松一貴,三橋弘嗣,丹羽公一郎

識る  
 4.TAVI
  a.現在の適応と不適切な症例  渡辺弘之
  b.デバイス特性に基づいた適切なデバイス選択  前田孝一
 5.心房中隔欠損症(ASD)のカテーテル治療  赤木禎治
 6.[Expertise]新しいSHDインターベンションの展望  桑原謙典,松本 崇
 7.ハートチームとしてSHDを理解する  桃原哲也

治す  
 8.BAV:TAVI時代のBAVの適応と,現状の課題:TAVI時代におけるBAVの役割  坂田芳人
 9.TAVI:今後TAVIの適応はどこまで拡大していくか?  林田健太郎
 10.PTMC:適応の現状  福 康志
 11.合併症を考える:安全なTAVIの普及を行うために  鳥飼 慶

●連載
[連想心電図 ―波形と疾患のロジック―]
 基本編:波形から疾患を連想する
 第8回 軸偏位・回転異常を読む  寒川睦子

[臨床心臓血管解剖学]
 疾患別各論
  第21回 特発性心筋症  池田善彦
全文表示する