2017年12月号 Vol.21 No.13

震災時における循環器医療を改めて考える

Heart View 2017年12月号
定価 3,080円(税込) (本体2,800円+税)

目次

■特集:震災時における循環器医療を改めて考える  企画・構成/掃本誠治
診る     
 1.循環器内科医が震災地域に派遣されたら何をすべきか  神崎 綱,苅尾七臣
 2.災害後の深部静脈血栓症を見逃さないために  榛沢和彦
 3.たこつぼ心筋症と心不全を見逃さない  福井美保,合田亜希子,増山 理
 4.[Expertise]行政からみた災害時循環器医療への取り組みはどのように行われたか  有賀玲子
    
識る     
 5.阪神・淡路大震災から学んだこと  杜 隆嗣,平田健一
 6.東日本大震災から学んだこと  青木竜男,下川宏明
 7.熊本地震から学んだこと  橋本洋一郎
 8.事業継続計画に基づく病院災害対応とはどのようなものか  田原良雄
 9.[Expertise]日本の災害史と将来の巨大地震  河田惠昭
     
治す     
 10.熊本地震に対し救急災害病院でどう対応したか  坂本知浩,中尾浩一
 11.災害時におけるNational Centerとしての役割  安田 聡,田原良雄
 12.震災時における学会の役割  朔 啓二郎,天野高志
 13.震災時におけるDMATの役割  近藤祐史
 14.[Expertise]災害後の精神保健医療活動の重要性  矢田部裕介
全文表示する