2018年4月号 Vol.22 No.4

徹底理解・心機能 何をいつ測り,どう活かす?

Heart View 2018年4月号
定価 3,080円(税込) (本体2,800円+税)

目次

■特集:徹底理解・心機能 何をいつ測り,どう活かす?  企画・構成/山科 章
診る
 1.病歴と身体所見で診る心機能:時間軸を視野にいれた心機能評価  庄司 聡,白石泰之,香坂 俊
 2.外来~入院診療で診るべき心機能:何をいつ測るべきか?  佐藤直樹

識る
 3.心筋の構造から心機能を識る:収縮・拡張の生理学的,分子生物学的メカニズム  沼田玄理,瀧本英樹,小室一成
 4.交感神経から心機能を識る:病態生理から予後評価まで  岸 拓弥
 5.心エコーで心機能を識る:温故知新~現在の心エコー知識の整理~  石津智子,瀬尾由広
 6.CT/MRIで心機能を識る:いま,どこまで何がわかるようになったのか?  伊藤順子,寺島正浩
 7.運動耐用能で心機能と予後を識る:運動時の酸素供給能から心機能を紐解く  後藤葉一
 8.[Expertise]デバイスを用いて心機能を識る:現在の心機能モニタリングデバイスと今後の展望  渡邉雅貴
 9.[Expertise]心機能と予後予測:心機能で可能となる予後予測についてわかっていること  奥村貴裕

治す
 10.薬物治療で治す:心不全に対する薬物治療  絹川真太郎
 11.不整脈治療で治す  鎌倉 令
 12.外科的治療で治す
   a.心臓弁膜症を治す  田邉大明
   b.人工心臓を用いて  西村 隆
 13.[Expertise]癒しと緩和で科学的に治す:いま行われるべき癒しと緩和の基本知識  柴田龍宏
 14.[Expertise]予防医学の知識で治す:私たちが,いまだからこそ知らなくてはいけない心不全予防の知識  山科 章

■連載
・【責任冠動脈を追え!PCIエキスパートになるための25カ条】
 第3条:患者リスク評価の心得:術前評価の重要性を識るべし  佐々木 航,森野禎浩

・【魅せる!聴かせる!学会発表プレゼンテーション技法】
 3.文量の多い「箇条書き」は使わない  渡部欣忍
全文表示する