2017年1月号 Vol.34 No.1

目覚ましく治療効果を発揮するC型肝炎治療

Mebio 2017年1月号
定価 3,080円(税込) (本体2,800円+税)
  • A4変型判  100ページ  
  • 2016年12月10日刊行

在庫僅少です。


目次

■特集:目覚ましく治療効果を発揮するC型肝炎治療  企画:小池和彦
 ここまでわかったC型肝炎ウイルス感染・複製機構  脇田隆字
 わが国のHCV感染症の現状と展望  田中純子
 日本肝臓学会「C型肝炎治療ガイドライン」  田中 篤
 遺伝子型1型C型肝炎インターフェロン・フリー治療の実際  平松直樹
 遺伝子型2型C型肝炎の抗ウイルス治療の実際−GT2型C型肝炎治療の現時点での実際の使い方−  吉治仁志
 C型肝硬変に対するC型肝炎抗ウイルス治療  茶山一彰
 腎障害・透析患者におけるC型肝炎抗ウイルス治療  坂本直哉
 DAAs多剤耐性変異をもつC型肝炎をどうするか  榎本信幸
 肝移植例でのC型肝炎抗ウイルス治療の目覚ましい進歩  上田佳秀
 DAAs治療はC型肝炎肝がん患者の予後を変えるか  建石良介
 C型肝炎ウイルス排除(SVR)後の肝発がん  黒崎雅之

●Mebio Round-table Discussion
 高度石灰化病変への最適なPCI治療を考える
全文表示する