ひと晩待てない外科系当直疾患

ひと晩待てない外科系当直疾患

■編集 調 憲
大嶋 清宏

定価 4,620円(税込) (本体4,200円+税)
  • A5判  360ページ  2色(一部カラー),イラスト14点,写真160点
  • 2021年10月2日刊行
  • ISBN978-4-7583-1783-2

救急医と専門科医のダブル解説。当直時のキケンな疾患を把握し,的確な初療を身に付けよう

外傷や内因性の致死的疾患,また迅速な処置をしなければ重大な後遺障害をきたすようなものを「ひと晩待てない救急疾患」として取り上げ,それらについての適切な初療・専門医へのコンサルト・ディスポジション(帰宅,経過観察,入院,転送の判断)を施すためのポイントを,救急医・専門科医の両者の視点から解説。また,各疾患において教訓的な症例(予後不良となったBad story)も紹介しており,転ばぬ先の杖として活用可能。
当直に臨むにあたっての準備に,また当直時のクイックリファレンスとして活用できる必読書。


序文

 本書の上梓にあたり,ご挨拶を申し上げます。今回,群馬大学大学院医学系研究科救急医学教授 大嶋清宏先生をはじめとした救急医学の先生方の全面的なご協力のもと,発刊するに至りましたこと,心より感謝を申し上げます。
 私自身の若かりし頃,重篤な急患に対応できるか,急患に対して行った対処は正しかったのか? 不安に怯えながら当直の一夜を過ごしたことを思い出します。一方で外科医としてキャリアを積むなかで,もう少し早く紹介いただけたら,という思いをもったことも少なからずあります。救急の場で遭遇する頻度は高くないかもしれませんが,確かに「ひと晩待てない」症例は存在します。そのような疾患では治療開始までの時間が患者さんの生命に直結します。本書ではまず救急科の先生方に診断や初期対応の要点について記載していただきました。さらに専門科の立場から治療内容のみならず,紹介を受ける際の注意点について触れていただきました。本書を参考にしていただくことで,一刻を争う患者さんのスムーズな治療が行えると考えたからです。
 私の祖父の調来助(1899-1989年)は24年にわたり長崎大学第一外科の教授を務めましたが,1935年に『外科臨床の為に』という外科の教科書を上梓し,24版を重ねました。この本は500ページに近い教科書ですがポケットサイズで,コンパクトに外科実地臨床に大切な点が網羅されていました。当時,多くの医師がこの本をポケットに戦地に赴いたと聞いています。本書の出版に際しては,私はこの本のことを意識しておりました。今回の企画にあたり,「ひと晩待てない」疾患を網羅するとともに,要点を伝えることに注力しコンパクトな編集を心掛けました。執筆していただいた先生方のご理解によって,当初の企図を十分反映したものになりました。本書を携帯し,当直室でページをめくることで皆様の実地臨床の助けとなり,患者さんの救命につながればこれに優る喜びはありません。
 最後に,本出版に献身的なご貢献をいただいたメジカルビュー社の長沢慎吾様,井上紘一郎様にこの場を借りて御礼を申し上げます。

2021年9月
群馬大学大学院医学系研究科総合外科学講座主任
肝胆膵外科学分野教授
調 憲
全文表示する

目次

総論 当直時の心得,専門科コンサルトのコツ
  
各論 I  外傷・損傷
 1 ) 頭部外傷
 2 ) 顔面外傷
 3 ) 頸部外傷
  喉頭・気管損傷,頸部血管損傷,頸部食道損傷
 4 ) 胸部外傷
  ① 大動脈損傷
  ② 呼吸器損傷(肺,気管・気管支,胸壁)
  ③ 食道損傷
  ④ 横隔膜損傷
 5 ) 腹部外傷
  ① 肝損傷
  ② 脾損傷
  ③ 膵損傷
  ④ 腎損傷
  ⑤ 消化管および腸間膜損傷
  ⑥ 大動脈損傷
 6 ) 骨盤外傷
 7 ) 脊椎・脊髄外傷
 8 ) 四肢外傷
 9 ) その他の外傷
  ① 泌尿器科領域
  ② 眼科領域
  ③ 小児外傷
 10 ) 熱傷
  
各論 II  内因性疾患・障害
 1 ) 循環器疾患
  大動脈解離
 2 ) 呼吸器疾患
  ① 緊張性気胸・血気胸
  ② 大量胸水
  ③ 喀血
 3 ) 消化器疾患(消化管)
  ① 特発性食道破裂
  ② 消化管内異物
  ③ 消化管穿孔
  ④ 絞扼性腸閉塞
  ⑤ 腸間膜血管閉塞症
  ⑥ 非閉塞性腸管虚血(NOMI)
  ⑦ 腸重積症
  ⑧ S 状結腸軸捻転
  ⑨ ヘルニア嵌頓
 4 ) 消化器疾患(肝胆膵)
  ① 重症急性胆嚢炎
  ② 重症急性胆管炎
  ③ 重症急性膵炎
  ④ 肝細胞癌破裂
 5 ) 婦人科領域の緊急手術を考慮すべき病態
  卵巣茎捻転
 6 ) 泌尿器科領域の緊急手術を考慮すべき病態
  精巣捻転
全文表示する

関連する
オススメ書籍