食道閉鎖のすべて

胎児スクリーニング, 精査, 治療

食道閉鎖のすべて

■編集 川瀧 元良

定価 6,600円(税込) (本体6,000円+税)
  • i_movie.jpg
  • B5判  172ページ  オールカラー,イラスト30点,写真250点
  • 2022年3月25日刊行
  • ISBN978-4-7583-2137-2

胎児超音波でここまでわかる!食道閉鎖の診断,治療の知識がここに!

新生児外科の代表的疾患の一つである食道閉鎖の胎児診断率を上昇させるための知識が詰まった一冊。
Webセミナー「胎児食道研究会」における胎児診断のエキスパートによる教育講演を元に,食道閉鎖の実践的なスクリーニング方法を中心とした手技を解説。多数の症例を掲載し(20例は動画付き),Pouchの見つけかたやカラードプラによる羊水の対流を見方など,より具体的かつ実践的に食道閉鎖を見つける方法,その後の治療法までを紹介した一冊。


序文

 食道閉鎖は比較的頻度が多い疾患で,かつ出生直後からの緊急治療介入が必須であり,周産期医療にとって非常に重要な先天性疾患です。近年,多くの先天性疾患が胎児診断されるようになりましたが,その中で食道閉鎖の胎児診断率はいまだに低率であり,診断率向上が強く望まれている現状です。
 食道閉鎖の胎児診断率が低い原因の一つが,羊水過多と小さい胃泡という間接的な所見だけに頼る胎児スクリーニングにあります。すべての食道閉鎖にこのような間接所見があるわけではなく,間接所見のそろっていない症例は胎児スクリーニングから漏れてしまいます。そのため,頸部のpouchや気管食道瘻(TEF)などの直接所見に基づいた胎児スクリーニングが求められています。しかしながら,このような直接所見の観察は,技術的に簡単ではなく,広く普及するには啓蒙活動と長い時間がかかると思われます。
 昨年7月に,直接所見からのスクリーニングをテーマとして第1回胎児食道研究会が開催されました。直接所見をどのように発見するか,その具体的な方法について,この分野のエキスパートの先生方に講演していただきました。また,全国の先生方が所有されている美しいpouchの画像を数多く提示していただきました。
 研究会の主催者の一人である私自身,多くのヒントをいただき,その後の6カ月で4例の食道閉鎖を胎児診断することができたのも,その成果だと感じています。
 このような成果を後世に残し,多くの方々に参考にしていただく目的で,このたび,本書を上梓いたしました。鮮明な動画を数多く収載しています。ぜひ,日々胎児スクリーニングに活用していただければ幸いです。
 胎児食道研究会はこれからも年1回定期的に開催します。数年後,経験とさらなる素晴らしい画像を集積できたら,第2版をぜひ出版したいと考えています。

2022年3月神奈川県立こども医療センター
川瀧元良
全文表示する
閉じる

目次

Ⅰ 食道閉鎖の胎児診断
 食道の解剖,発生,胎児診断の歴史,現状   [川瀧元良]
   食道閉鎖とは
   食道閉鎖の発生
   疫学
   なぜ食道閉鎖の胎児診断が必要なのか?
   胎児診断率の現状
   間接所見の限界と胎児スクリーニングにおける活用
   直接所見の有用性
   食道の位置
   Pouchによる胎児診断
   TEFによる胎児診断
   下部食道の拡張による胎児診断
   鼻腔内フローによる胎児診断
   MRIの活用
  胃の大きさからみた食道閉鎖の胎児診断  ─機能的な発達を考慮して─   [佐世正勝]
   胎児期の消化管の役割
   胎児胃の計測
   胃を計測するタイミング
   妊娠週数による影響
 食道・気管の描出をpouch描出に応用するために   [青木昭和]
   食道の描出・見え方(水平断面・冠状断面・矢状断面)
   嚥下運動
   食道・気管の同時描出
   胎児の食道閉鎖における食道描出
  気管・気管支の描出
   気道フロー
 pouch sign   [須波 玲]
   pouch signとは
   pouch signの特徴
   pouch signの描出方法
   tracheal esophageal view(TE view)
   pseudo pouch signについて
   pouch sign描出の実際的な運用
  MRIによる胎児診断   [宮嵜 治ほか]
   胎児MRI撮影方法と所見の解釈
   食道閉鎖の胎児MRI診断:読影のポイント

Ⅱ 出生後の管理
 新生児管理・気管食道瘻(TEF)のコントロール   [稲垣佳典]
   新生児管理における食道閉鎖と胎児診断の意義
   新生児蘇生の際の注意点
   診断
   術後管理
   TEFのコントロール
   筆者らの施設における根治術後の管理
   非胎児診断例と胎児診断例の実際
 食道閉鎖に対する手術   [望月響子]
   症状・診断
   治療方針
   手術(腋窩切開胸膜外アプローチ)
   根治術後の管理
   合併症
 気管軟化症の管理   [長谷川久弥]
   気管・気管支軟化症の病態
   臨床症状
   検査
   気管・気管支軟化症に対する治療

Ⅲ 症例紹介
  C型食道閉鎖①   [川瀧元良]
   C型食道閉鎖②   [加地 剛]
   C型食道閉鎖③   [小澤克典]
   C型食道閉鎖④   [新谷光央]
   C型食道閉鎖⑤   [中野和俊]
   C型食道閉鎖⑥   [関野 和]
   C型食道閉鎖⑦   [加地 剛]
   C型食道閉鎖,VACTERL連合①   [加地 剛]
   C型食道閉鎖,VACTERL連合②   [加地 剛]
   C型食道閉鎖,VACTERL連合③   [加地 剛]
   C型食道閉鎖,喉頭閉鎖   [小澤克典]
   C型食道閉鎖,鎖肛   [加地 剛]
   A型食道閉鎖①   [小澤克典]
   A型食道閉鎖②   [大西庸子]
   A型食道閉鎖③   [新谷光央]
   A型食道閉鎖④   [多田克彦]
   食道閉鎖,十二指腸閉鎖   [長瀬寛美]
   Pouchの見え方①   [遠藤誠之ほか]
   Pouchの見え方②   [遠藤誠之ほか]
   Pouchの見え方③   [遠藤誠之ほか]
全文表示する
閉じる

関連する
オススメ書籍