2010年2月号 Vol.14 No.2

薬剤溶出性ステントの現状を識る

Heart View 2010年2月号
定価 2,860円(税込) (本体2,600円+税)

目次

■特集:薬剤溶出性ステントの現状を識る  企画・構成/光藤和明
[診る]
 1.PCIを決断するまで−PCIのエビデンス−  西垣和彦,藤原久義
 2.DESの適応決定因子  滝澤 要,目黒泰一郎
 3.[Expertise]DESの種類と特徴  高瀬 徹,宮崎俊一
 4.On labelとOff label(適応内使用と適応外使用)  加藤義紘,木村 剛
[識る]
 5.病理像よりみたDES留置後遅発性血栓症の病態  井上勝美
 6.DESの問題点  門田一繁,光藤和明
 7.[Expertise]DES以後の新しい展開  上妻 謙
 8.DESと画像診断  久保隆史,赤阪隆史
[治す]
 9.DESの留置技術  本江純子
 10.DES留置後の管理と経過観察
  a.抗血小板療法  掃本誠治,小川久雄
  b.薬剤溶出性ステント時代の二次予防戦略  横井宏佳
 11.ハイリスク病態に対するDES
  a.糖尿病,CKD,ACS(MIを含む)  林 康彦
  b.多枝病変,左主幹部病変,グラフト病変に対するDES  井上直人
  c.CTO,分岐部病変,屈曲病変に対するDES  木村祐之,土金悦夫
  d.びまん性病変,石灰化病変に対するDES  中村龍太,三角和雄

●連載
・循環器専門医に必要な知識(診断編)
 侵襲的診断法の意義と役割
  a.心臓・大血管・冠動脈造影とカテーテル検査7
   治療にどう還元するか:冠動脈  後藤 剛
全文表示する

関連する
お勧め書籍