2010年11月号 Vol.14 No.11

カテーテルアブレーションの現状と将来

Heart View 2010年11月号
定価 2,860円(税込) (本体2,600円+税)

目次

■特集:カテーテルアブレーションの現状と将来  企画・構成/青沼和隆
【診る】
 1.カテーテルアブレーションの適応を決めるのになにを診るべきか?  飯嶋賢一,相澤義房
 2.心機能によって異なる不整脈の意義  関口幸夫
 3.[Expertise]CARTO XP,Ensite Array,NavXなど新たなデバイス  高月誠司
【識る:アブレーションの新しい領域】
 4.発作性心房細動(PAF)アブレーションの現状と将来  大友 潔
 5.慢性心房細動(CAF)アブレーションの現状と将来  松尾征一郎
 6.虚血性心筋症心室頻拍のアブレーションの現状と将来  里見和浩
 7.非虚血性心筋症に合併する心室頻拍に対するアブレーションの現状と将来  合屋雅彦
 8.[Expertise]特発性心室細動アブレーション(Brugada症候群を含む)  野上昭彦
 9.[Expertise]新たなアブレーションカテーテルの開発と今後の展望  加藤律史
【治す:確立されたアブレーション】
 10.上室性頻拍カテーテルアブレーションの決め手  山内康照  
 11.心房頻拍のタイプとカテーテルアブレーション  蜂谷 仁
 12.心房粗動のカテーテルアブレーションゴールデンスタンダード  宮本康二,土谷 健
 13.流出路心室性不整脈のカテーテルアブレーション−流出路を起源とする特発性心室頻拍・心室性期外収縮に対するアブレーション−  熊谷浩司
 14.特発性左室リエントリー性頻拍のカテーテルアブレーション  小林義典,飯田剛幸
 15.[Expertise]心房細動に対する低侵襲手術  今井克彦
 16.[Expertise]器質的心疾患に伴う心室頻拍に対する外科的アブレーション  新田 隆
全文表示する

関連する
お勧め書籍