2011年8月号 Vol.15 No.8

血管・心筋再生はどこまできたか

Heart View 2011年8月号
定価 2,860円(税込) (本体2,600円+税)

目次

■特集:血管・心筋再生はどこまできたか  企画・構成/松原弘明,竹原有史
 企画にあたって  松原弘明,竹原有史
診る
 1. 重症虚血肢の診断と血管再生療法の適応について考える  柴田 玲,清水優樹,室原豊明
 2. 心筋再生医療の適応となる不全心をどう診断するか  坂田泰史
 3. [Expertise] 生体分子イメージングでみる肥満脂肪組織リモデリングと血栓形成過程  西村 智,長崎実佳
識る
 4. 新生血管の成熟はどのように誘導・制御されているか  高倉伸幸
 5. 心血管再生医療における細胞老化制御の役割について考える  森谷純治,南野 徹
 6. ES細胞/iPS細胞を用いた心血管再生はどこまできたか  山下 潤
 7. iPS細胞からの心筋分化誘導の進歩と展望について考える  田中敦史,福田恵一
 8. [Expertise] 心臓発生にかかわるクロマチン・ヒストン制御の役割  塚原由布子,小柴和子,竹内 純
 9. [Expertise] ダイレクトリプログラミングによる心筋細胞誘導法の確立と臨床応用への展望  家田真樹
治す
 10. PADに対する再生治療
  a. 骨髄由来細胞を用いた血管新生療法の現状を考える  的場聖明,松原弘明
  b. CD34陽性細胞移植を用いた血管再生療法の展望  川本篤彦
  c. 膠原病による虚血四肢に対する血管再生治療の試み  伊澤 淳,池田宇一
  d. ヒト皮下脂肪組織由来間葉系前駆細胞を用いた重症虚血肢に対する血管新生療法の試み  新谷 理
 11. 急性心筋梗塞に対する心血管再生治療
  a. 顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)による新たな心不全治療法の開発と臨床応用への展望  高野博之
  b. 低用量エリスロポエチンによる急性心筋梗塞での臨床試験の現状  中村 猛
 12. 重症心不全に対する再生治療
  a. 自己心筋幹細胞移植による心筋再生療法の現状と展望  竹原有史,天野克也,小形岳寛,松原弘明
  b. 骨格筋芽細胞シートを用いた心臓再生療法の有効性と適応  澤 芳樹
  c. [Expertise] 心臓移植・人工心臓患者に心臓再生医療をどう活かすか  五條理志
全文表示する

関連する
お勧め書籍