2013年2月号 Vol.17 No.2

尿酸代謝と循環器疾患

合併病態と機序・治療:最新の考え方

Heart View 2013年2月号
定価 2,860円(税込) (本体2,600円+税)

目次

■特集:尿酸代謝と循環器疾患-合併病態と機序・治療:最新の考え方-  企画・構成/久留一郎
診る
 1.リスク・マーカーとしての高尿酸血症をどう診るか
  a.高血圧  土橋卓也
  b.動脈硬化・虚血性心臓病  石坂信和
  c.心不全  杉原志伸,山本一博
  d.先天性心疾患  丹羽公一郎
  e.心房細動  鈴木信也,山下武志
  
識る 
 2.尿酸トランスポーターと臓器障害  安西尚彦,三枝慶子,堂前真理子
 3.キサンチン酸化酵素と臓器障害  市田公美
 4.AMPDとAMPKと臓器障害  森崎隆幸,森崎裕子
 5.[Expertise]アデノシンと臓器障害  浅沼博司,北風政史
  
治す 
 6.高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン第2版(2010年改訂)  箱田雅之
 7.尿酸排泄促進薬  西川 元,大野岩男,細谷龍男
 8.[Expertise] キサンチン酸化酵素阻害薬  藏城雅文,山本徹也
 9.[Expertise] 尿酸が下がる薬剤  久留一郎
全文表示する