2014年3月号 Vol.18 No.3

心房細動をどうマネージメントするか

新しい潮流を識る

Heart View 2014年3月号
定価 2,860円(税込) (本体2,600円+税)

目次

■特集:心房細動をどうマネージメントするか―新しい潮流を識る―  企画・構成/青沼和隆
診る  
 1.新時代の心房細動マネージメント—アブレーションの立場から診る長期持続性心房細動—  野上昭彦
 
識る
 2.レートコントロールとリズムコントロール
   a.捨てがたいレートコントロールのメリット  三田村秀雄
   b.アブレーションを踏まえた新たなリズムコントロールの提案  熊谷浩一郎
 3.アブレーションと薬物療法のハイブリッド治療  山根禎一
 4.肺静脈隔離を基本としたアブレーション  井上耕一
 5.[Expertise]肺静脈隔離にとらわれないアブレーション
  桶谷直也,入來泰久,市來仁志,奥井英樹,吉村あきの
 6.[Expertise]stepwiseアブレーションによる治療(線状焼灼・CFAE焼灼)  髙橋良英
 7.長期持続性心房細動はアブレーションすべきなのか  町野智子
 
治す  
 8.新しいコンセプトによるアブレーション  小松雄樹
 9.新たなデバイス・技術によるアブレーション  曽原 寛,佐竹修太郎
 10.低侵襲心房細動手術の現況と将来の展望  新田 隆
 
●連載
・臨床心臓血管解剖学
  第5回 ウォームアップ:心血管疾患の診断・治療に必要な正常形態の理解
    弁の構造(房室弁,動脈弁)  松山高明
全文表示する

関連する
お勧め書籍