2018年6月号 Vol.22 No.6

アブレーションの常識・非常識 その治療,的確ですか?

Heart View 2018年6月号
定価 3,080円(税込) (本体2,800円+税)

目次

■特集:アブレーションの常識・非常識 その治療,的確ですか?  企画・構成/平尾見三
診る
 1.心房粗細動:何を診るべきか?  山根禎一
 2.心室期外収縮・心室頻拍:何をみるべきか?  蜂谷 仁
 
識る
 3.発作性上室頻拍:電気生理学的な鑑別方法  丸山光紀
 4.心房細動のメカニズムの最新見解  廣田 慧, 土谷 健
 5.心臓MRI検査:診断と治療にどう活用するか?  佐々木 毅
 6.カテーテルアブレーションにおけるhigh density 3Dマッピングの意義  田中泰章
 7.カテーテルアブレーションにおける放射線被ばく低減について  合屋雅彦
 
治す
 8.心房細動に対するクライオアブレーション治療:現状と今後  中村玲奈,沖重 薫
 9.難治性心室頻拍に対するアブレーションについて  前田真吾,合屋雅彦
 10.Brugada症候群に対するカテーテルアブレーションの有用性  因田恭也
 11.[Expertise]ATP感受性心房頻拍の頻拍回路に基づく新しいアブレーション方法  山部浩茂
 12.[Expertise]房室結節リエントリー性頻拍の新分類に基づいたアブレーション  金古善明
 
●連載
・【責任冠動脈を追え!PCIエキスパートになるための25カ条】
 第5条:アプローチ部位とガイドカテーテル選択:バックアップを考察すべし  小松宏貴,朴沢英成

・【魅せる!聴かせる!学会発表プレゼンテーション技法】
 5.基本4色を決める  渡部欣忍
全文表示する