2022年1月号 Vol.26 No.1

心不全治療のアップデート

Heart View 2022年1月号
定価 3,080円(税込) (本体2,800円+税)

目次

■特集:心不全治療のアップデート 企画・構成/坂田泰史
【診る】
1 心不全の世界共通定義と分類  筒井裕之
2 BNPの診断意義をもう一度学び直す  猪又孝元
3 心不全診療における心エコー図法の新たな知見  山本昌良,石津智子
4 二次性心筋症の早期診断  髙潮征爾,田賢一
5【Expertise】心筋症ゲノム医療による精密医療  野村征太郎

【識る】
6 HFpEFの理解はいまどこまで進んでいるか?  山本一博
7 左室駆出率のtrajectoryから心不全を考える  大谷朋仁
8 画像検査から読み解く糖尿病と心不全の関係  三浦弘之
9 循環器内科医が知っておくべきCOVID-19の心血管系への影響  岸 拓弥
10【Expertise】疾患iPS細胞を用いた心筋症個別化医療へのアプローチ  肥後修一朗

【治す】
11 神経体液性因子抑制の新しい展開 -ARNIおよび新世代MRA-  桑原宏一郎
12 SGLT2阻害薬による心不全予防と治療  田中敦史,野出孝一
13【Expertise】心不全におけるcGMP-PKGシグナルとベルイシグアト  中村 峻,沼田玄理,瀧本英樹
14 心房細動合併心不全の治療におけるAFアブレーションの位置付け  井上耕一
15 心不全を伴う僧帽弁閉鎖不全症治療におけるTEERの役割と功罪:ハイブリッド外科医の視点から  田端 実
16【Expertise】ついに始まったDestination therapy  絹川弘一郎

●連載
・【心臓の解剖 知っておきたい知識-疾患の病態生理から治療へつなげる解剖学-】
第10回 下大静脈の基本構造と疾患  井川 修
全文表示する