Urologic Surgery Next 2

ロボット支援手術

ロボット支援手術

■担当編集委員 土谷 順彦

定価 13,200円(税込) (本体12,000円+税)
  • A4判  196ページ  オールカラー,イラスト150点,写真150点
  • 2018年3月30日刊行
  • ISBN978-4-7583-1331-5
  • キャンペーンページ

ロボット手術の手技習得が不可欠である泌尿器科臨床医にとって必携の書

近年めざましい進歩を遂げた泌尿器科手術の最前線を,第一線で活躍するエキスパートがオールカラーの豊富な写真・イラストとともにわかりやすく解説した『Urologic Surgery Next』シリーズ。
No.2のテーマは「ロボット支援手術」。外科領域で最もロボット手術が施行されているのが泌尿器科である。現在,前立腺全摘除術(RARP),腎部分切除術(RAPN),膀胱全摘除術がロボット手術で行われており,泌尿器科のロボット手術は今後ますますその適応を拡大していくと考えられる。ロボット手術の手技習得が不可欠である泌尿器科臨床医にとって,必携の一冊。

■シリーズ編集委員
荒井陽一/髙橋 悟/山本新吾/土谷順彦


序文

「Urologic Surgery Next」シリーズ
刊行にあたって

 近年の泌尿器科手術の進化はめざましい。既に普及しているエンドウロロジー,腹腔鏡手術は,機器の進歩と相まってさらに洗練されてきた。近年,手術支援ロボットの導入により泌尿器科手術はさらに大きく変貌した。前立腺全摘術の多くがロボット支援下に行われ,腎部分切除術や膀胱全摘術にも適応が拡大されてきている。このような背景を踏まえて,現在の泌尿器科手術の実際をまとめた新たな手術シリーズとして「Urologic Surgery Next」シリーズを刊行することとなった。
 本シリーズでは,これまで「Urologic Surgery」シリーズ全12巻(2000〜2002年),「新Urologic Surgery」シリーズ全8巻(2009〜2011年)が刊行され,いずれも好評を得てきた。最初のシリーズの刊行は泌尿器腹腔鏡手術の多くが保険収載されていなかった時期であり,第1巻としてエンドウロロジー,第2 巻として泌尿器腹腔鏡手術が上梓されている。次の新シリーズは臓器別・疾患別の構成となり,低侵襲手術の普及を反映して,各巻にエンドウロロジー,腹腔鏡手術,開放手術が併記して解説されている。
 前シリーズ刊行後の2012年は,ロボット支援腹腔鏡下前立腺全摘術が保険収載され,文字通り本邦におけるロボット手術元年となった。その後のロボット手術の普及は急速であり,標準手術の一つとして定着している。腹腔鏡手術においては,泌尿器腹腔鏡技術認定制度の発足後10年以上が経過し,より洗練された標準術式として進化してきた。細径尿管鏡の開発などによりエンドウロロジーもさらに進化を遂げている。今後,手術開発と教育は新たな局面を迎えていると言えよう。
 今回,シリーズ3作目として発刊される「Urologic Surgery Next」シリーズでは,最近の手術の進歩を踏まえ,以下の編集方針にて企画された。
1 . Urologic Surgeryシリーズの中でも進化した術式を重点的に解説する。
2 . 主にアプローチ別に構成し,必要な解剖,基本手技,トラブルシューティングなどを充実させる。
3 . 主要な術式では,テーマ・ポイントを絞った手術手技の解説を設ける。
4 . オープンサージャリーを一つの巻にまとめ,到達法,代表的な術式,血管処理,などを詳述する。
5 . これまでのシリーズと同様に,イラストを駆使して視覚的にわかりやすい記述とする。
 執筆は第一線で活躍されておられる若手の術者にお願いした。本シリーズが多くの泌尿器外科医の日々の研鑽に役立てられることを願っている。

2018年3月
編集委員 荒井陽一
     髙橋 悟
     山本新吾
     土谷順彦

-------------------------

序文

 手術支援ロボットは1980年代から遠隔手術を行うことを目的に,マスタースレーブ技術とテレプレゼンス技術という2つの先進的な技術を背景に開発が進められてきた。その臨床応用の過程において,開放手術や腹腔鏡手術とは異次元の手術を我々にもたらした。そして2000年代初頭,ロボット支援前立腺全摘除術(RARP)が泌尿器科医に熱狂的に迎えられ,瞬く間に世界中に広がっていった。
 本邦においては海外に遅れを取ること十余年,2012年にRARP,2016年にロボット支援腎部分切除術(RAPN)が保険収載された。現在,泌尿器科では年間2万件以上のロボット支援手術が行われており,この2術式については標準手術として定着してきた感がある。そのような中,2018年の診療報酬改定において新たに12術式においてロボット支援手術の保険収載が承認されることとなり,本巻が発行される頃には医師だけではなく多くの国民の注目を集めているに違いない。
 さて,近代の手術の歴史を振り返ってみると,Surgery 1.0(開放手術)からより低侵襲を目指したSurgery 2.0(内視鏡手術)へと変遷してきた。ロボット支援手術の時代はSurgery 3.0と呼ばれ,その概念は開放手術とも腹腔鏡手術とも似て非なる物である。ロボット支援手術では腹腔鏡手術の低侵襲性に加え,高精細映像と繊細かつ直感的な操作性に基づいた,より一層の機能温存,治療アウトカムの向上,合併症の低減を求められる。ラーニングカーブの急峻化と手術の均一化がロボット支援手術の大きなメリットである一方,極めるまでの道程はそうたやすいものではない。
 本巻では,主要な術式に関する一般的な解説に加えて,アプローチの異なるいくつかの術式や特徴的な手技について項を別にして詳述している。また,ロボット支援手術に特徴的なピットフォールとトラブルシューティング,そして一歩上を目指す方のためのポイントを解説し,経験の多少によらず全ての読者のお役に立てるような構成を目指した。経験を増す毎に,さらなるステップアップに繋がる一冊になれば幸いである。

2018年3月
土谷順彦
全文表示する

目次

I 前立腺の手術
 RARP に必要な外科解剖  本田正史,武中 篤
 経腹的アプローチによるRARP
  anterior approach(神経温存を含む)  後藤百万
  posterior approach  戸澤啓一
 後腹膜アプローチによるRARP  奥村和弘
 確実な膀胱頸部処理の工夫  北村香介,堀江重郎
 ナビゲーションによるRARP  本田俊一朗,沖原宏治,浮村 理
 RARP 術後の尿禁制改善のための術式の工夫  小川総一郎,羽賀宣博,小島祥敬
 RARP におけるtotal pelvic reconstruction のコンセプトと実際(尿路再建法としてのtotal pelvic reconstruction)  白木良一
 局所進行癌に対するRARP  豊島優多,藤元博行
 骨盤内リンパ節郭清  服部一紀
 
Ⅱ 腎の手術
 経腹膜到達法によるロボット腎部分切除術(動脈全阻血法)  近藤恒徳
 腹膜外到達法による腎部分切除術  雑賀隆史
 選択的腎動脈クランプ法による腎部分切除術  古川順也,藤澤正人
 腎盂形成術  上仁数義,小林憲市,河内明宏
 
Ⅲ 膀胱の手術と尿路再建術
 膀胱全摘除術(男性)  井上高光,羽渕友則
 女性における膀胱全摘除術  武藤 智
 拡大リンパ節郭清  土谷順彦,羽渕友則
 回腸導管  日下 守,白木良一
 新膀胱造設術  古家琢也,大山 力
 
Ⅳ ロボット支援手術のトラブルシューティング  吉村耕治
全文表示する

関連する
オススメ書籍