OS NEXUS(電子版付き) 14

脊椎手術と合併症

回避の技とトラブルシューティング

脊椎手術と合併症

■担当編集委員 西良 浩一

定価 12,100円(税込) (本体11,000円+税)
  • i_ebook.jpg
  • A4判  178ページ  オールカラー,イラスト180点,写真150点
  • 2018年4月16日刊行
  • ISBN978-4-7583-1393-3

脊椎手術の合併症とトラブルに対する対処法がよくわかる脊椎外科医必読の書

No.14では,脊椎手術で起こりうるさまざまな合併症に対する回避の技,ならびにトラブルに対する対処法を取り上げた。
Ⅰ章「合併症回避の技」では,体位によって惹起される皮膚・視覚・神経障害を回避するための方法から始まり,スクリューの挿入やロッド設置時に陥りやすいトラブルや,レベル誤認,硬膜外静脈叢出血,硬膜・神経損傷,再発ヘルニア,感染など,脊椎手術にまつわる各種合併症を回避するためのテクニックを解説している。
Ⅱ章「トラブルシューティング」では,硬膜損傷,ロッド折損,術後感染など,起こってしまったトラブルに対するリカバリーのテクニックや対処法を各トラブルの項目ごとに分けて詳細に解説している。

※電子版は,ご購入いただいた本人の方に限りご利用いただけます。

■電子版の対応機器/OS
・iOS: iOS 9.0 以降をインストールできるiOS端末
・Android:RAM1GB以上搭載,Android OS 4.0 以降をインストールできるAndroid端末(Kindle Fireには対応しておりません。恐れ入りますが,他のデバイスをご利用ください)
・Windows PC
 OS:Windows 7/Windows 8.1/Windows 10(Mac OSには対応していません)
 CPU:Core i3以上
 メモリ:4GB以上
 ディスプレイ:1,024 x 768以上の画面解像度

※電子版の閲覧にはメジカルビュー社ホームページの会員登録が必要です。また,iOSやAndroid等に専用のアプリをインストールし,その後書籍データをダウンロードする必要があります。

■シリーズ編集委員
宗田 大/中村 茂/岩崎倫政/西良浩一


序文

 このたび,『OS NEXUS』 No.14を上梓させていただいた。私が編集委員の脊椎担当に任命され4冊目となる。5冊で完結を考えテーマを考案した。まず,除圧編(No.2),固定は基本手技(No.6)と匠の技(No.10)の2編に分けた。そして今回は,合併症である。最高の手術をしても合併症が生じれば,治療成績も不良となる。起こりうる合併症を理解し,それを攻略する必要がある。
 かつて古代中国には3兄弟の名医がいた。

   Good doctor:困難な病を確実に治療する
   Better doctor:困難な病を早期発見し早期治療する
   Best doctor:病を起こさないような予防法に長けている

この話は合併症対策にもつながる。どんな大きい合併症が生じても,リカバリーできるGood doctor,生じた合併症を早期に発見し小さい治療でリカバリーできるBetter doctor,そして,生じる合併症を熟知し,合併症予防対策が完全なBest doctor。今回はこれらを念頭に構成した。
 Best doctorに必要な合併症回避の技を12名のスペシャリストの先生方から執筆いただいた。脊椎手術は基本,腹臥位で行われるため,体位による合併症回避から手術は始まる。われわれが最も危惧する一般的合併症は感染と血腫である。術中・術後の細やかな配慮で回避を行う。低侵襲手技としては,内視鏡手術(PED & MED)特有の合併症の説明とその回避術を,BKPで最も問題となるセメントリーク回避術を解説していただいた。近年のトピックスである脊柱固定に伴う特有の合併症として,後頭−頚椎後方固定で生じる呼吸・嚥下障害回避の技,PPS特有の合併症回避の技,MISt手術でのケージ挿入に特有な合併症とその回避法,そして,骨粗鬆症脊柱変形矯正で生じやすいPJK/PJF回避の技も取り上げた。特殊な例として,透析脊椎手術の合併症と回避の技についても取り入れた。特に合併症が生じやすいのは後方再手術である。瘢痕の中を安全に進入する手技を習得することは必須である。
 Better doctor & Good doctorに必要なトラブルシューティング習得については,5名のスペシャリストの先生方から極意と匠の技を解説していただいた。術中合併症として代表的なものは硬膜損傷である。2種類の修復法を紹介した。固定術の問題点としては,PJK/PJF,ロッド折損,感染であろう。これらの合併症にも的確に対応できる手技が解説されている。
 脊椎手術には一定の頻度で合併症が生じているのが現状である。良好な手術成績を安定的に収めるには合併症回避,および完璧なトラブルシューティングが必要である。今回の17項目を読み返すと,過去にない大変豊富な内容となったことを確信し,編集者として喜ばしい限りである。本号を熟読し,読者の皆様が脊椎合併症に造詣の深いGood,Better &Best doctorになられることを希望している。

2018年3月
桜満開目前の徳島にて
徳島大学大学院医歯薬学研究部運動機能外科学教授
西良浩一
全文表示する

目次

I 合併症回避の技
 腹臥位手術(体位)による合併症の回避  山屋誠司ほか
 後頭−頚椎固定術後に起こる呼吸・嚥下障害の回避  根尾昌志
 腰椎後方手術で起こる硬膜外静脈叢出血対策  長町顕弘
 X線透視下における高位別PPS挿入法と関連する合併症の回避  磯貝宜広ほか
 MIStにおける椎体間ケージ設置法(PLIF,TLIF,LLIF)と合併症の回避  鈴木喜貴
 TF-PELDのアプローチに起因する神経損傷の回避  手束文威
 MED & MELの合併症の回避  土屋邦喜
 Balloon kyphoplasty(BKP)における骨セメント漏洩の回避  戸川大輔
 透析脊椎症手術における合併症の回避  安藤智洋
 PJKとPJF(後弯矯正術)の回避  八木 満
 同部位椎間板再発ヘルニアの再手術  藤原 靖
 腫瘍脊椎骨全摘術(TES)における感染の回避  村上英樹

II トラブルシューティング
 髄液漏を防ぐための硬膜修復術  今釜史郎
 MED法による硬膜損傷パッチテクニック  柴山元英
 PJKとPJF(後弯矯正術)のリカバリー  福田健太郎
 ロッド折損時のリカバリー手術  大和 雄
 脊椎instrumentationの術後感染対策  船尾陽生ほか
全文表示する

関連する
オススメ書籍