唾液腺疾患のMRI

唾液腺疾患のMRI

■編集 柏木 伸夫

定価 12,100円(税込) (本体11,000円+税)
  • A4判  164ページ  オールカラー,写真300点
  • 2014年9月29日刊行
  • ISBN978-4-7583-1581-4

多彩な組織形を有する唾液腺腫瘍を確実に診断するための必須の1冊

唾液腺腫瘍は頸部領域としては特殊であり,多彩な種類(組織形)の腫瘍が発生するため,唾液腺腫瘍の画像診断では進展範囲診断に加え,組織形の類推といった重要な役割がある。
MRIは病理組織像を正確に反映した画像所見を示すため,装置の性能や画質の向上に従い,分解能の低いCTを超えて質的診断に優れている。また,拡散強調画像は耳下腺腫瘍の鑑別診断にも応用されている。一方で,MRIの画像所見も良悪性腫瘍間や各組織型間にオーバーラップするものが存在しており,「唾液腺疾患の診断は難しい」「分類はわかりにくい」といった声が聞かれ,診断に苦慮されていることがうかがわれる。
本書は,多彩な唾液腺疾患に対応した画像診断書が存在しない現状から,唾液腺画像診断への編者の経験を活かし,臨床医にわかりやすく伝授することで,唾液腺疾患の診療に広く役立つテキストとなっている。


序文

推薦の辞


 2年程前に当科の柏木伸夫先生が唾液腺疾患の画像診断の本を書きたいと相談してきたとき,最初は,頭頸部全体であればそれなりのボリュームにもなるだろうし,多くの先生に興味をもってもらえるだろうが,唾液腺のみで一冊の本を書くのは無理ではないかと思った。しかし,柏木先生から,病理学の分野では唾液腺疾患のみで厚い教科書が出版されており,唾液腺だけでも非常に多くの鑑別を有する疾患があることを説明され,私の見識不足であることを悟った。すこし言い訳させていただくと,腹部領域の画像診断・インターベンショナルラジオロジーを専門とする私には,唾液腺に関するそこまで細かな画像診断の重要性の認識が足らなかった。確かに,唾液腺は局所の炎症性・腫瘤性病変はもとより,自己免疫性の全身疾患に併発する病変もあり,その正確な診断は治療方針にも大きく影響する。同領域の診療には耳鼻咽喉科だけでなく口腔外科も当たっており,一般臨床においては決してまれな疾患臓器ではない。
 画像診断には,画像のもつ意味を理解するうえで,病気の病態を知っていることが非常に重要である。本書は,MRI診断を中心に書かれたものだが,耳鼻咽喉科,口腔外科,病理の先生方にも分筆していただいたことによって,解剖や臨床的診断,治療方針に関しても理解することができる。MRI 診断に関しては,世界的に見ても同領域では他の追従を許さない非常に充実した症例数が提示されている。それぞれの症例に関して,画像のみならず臨床像を含めた簡潔で分かりやすい解説がつけられており,同領域を専門としない放射線科医や画像を専門としない耳鼻咽喉科医や口腔外科医にも非常に理解しやすく,診断から治療にいたる唾液腺疾患の診療に応用しやすい本と言える。
 この本が,日々の臨床において非常に貢献するものと信じ,ここに推薦したい。

2014年8月
近畿大学医学部 放射線医学教室 放射線診断学部門
主任教授 村上卓道

------------------------------


 本書のコンセプトは,バイクに例えれば本田技研工業のカブである。すなわち世界中の臨床医に,長く愛用していただける定番本として執筆したつもりである。
 唾液腺は,他の頸部領域と比較すると,極めて多彩な組織型の腫瘍や腫瘍類似疾患(炎症性腫瘤)が生じる。このため唾液腺疾患では,画像による組織型の類推への期待が大きい。これに応えるべく本書ではworld wideに最も充実した症例提示を行い,解説は簡潔にわかりやすくまとめた。本書が唾液腺疾患にかかわるすべての臨床医の診療に役立つものと信じている。将来は英語版の刊行により,世界中の臨床医に役立てる事を願っている。
 本書の作成にあたっては,貴重な時間を割いていただいた共同執筆の先生方,企画に力添えしていただいた近畿大学医学部放射線医学教室 村上卓道教授,近畿大学医学部耳鼻咽喉科学教室 土井勝美教授,近畿大学医学部歯科口腔外科学教室 濱田傑教授,発刊に尽力いただいたメジカルビュー社編集部 吉田富生氏,宮澤進氏,中澤恵氏に深く感謝の意を表します。
 さらに貴重な症例提供,病理所見の解説をしていただいた以下の先生方に,深く感謝の意を表します。
 筑後孝章先生,榎木英介先生,木村雅友先生,土手健作先生(近畿大学医学部病理学教室),冨田裕彦先生(大阪府立成人病センター病理細胞診断科),中西克之先生(大阪府立成人病センター放射線診断科),吉野邦俊先生,藤井隆先生(大阪府立成人病センター耳鼻咽喉科),高村学先生(国立病院機構大阪医療センター放射線科),西川正則先生(大阪府立母子保健総合医療センター放射線科),梁川雅弘先生(大阪大学医学部放射線医学教室),小山光博先生,松木充先生,鳴海善文教授(大阪医科大学放射線医学教室)

2014年9月
柏木伸夫
全文表示する

目次

総論  唾液腺疾患総論
 臨床解剖  中原寛和
  耳下腺/顎下腺/舌下腺/小唾液腺
 画像解剖  渡口真史,柏木伸夫
  耳下腺/顎下腺/舌下腺
 唾液腺疾患(腫瘍)の疫学  中原寛和
  唾液腺腫瘍の頻度/大唾液腺,小唾液腺別頻度および悪性腫瘍の比率/唾液腺腫瘍の性差,患者平均年齢/組織型別頻度
 唾液腺疾患の病理診断概説  原田博史
  非腫瘍性疾患/腫瘍性疾患
 唾液腺疾患の治療指針  寺尾恭一,土井勝美
  非腫瘍性疾患/良性腫瘍/悪性腫瘍/術後放射線照射/術後化学療法
 診断へのアプローチ  北野睦三,土井勝美
  臨床所見/超音波/穿刺吸引細胞診
 MRIからの診断へのアプローチ  柏木伸夫
  耳下腺/顎下腺/舌下腺および小唾液腺
 核医学検査から診断へのアプローチ  酒井美緒
  唾液腺シンチグラフィ/FDG-PET検査

各論  唾液腺疾患のMRI所見
 良性腫瘍
  多形腺腫  柏木伸夫
  ワルチン腫瘍  柏木伸夫
  基底細胞腺腫  柏木伸夫
  筋上皮腫  柏木伸夫
  オンコサイトーマ(好酸性腺腫)  柏木伸夫
  オンコサイト症  柏木伸夫
  神経鞘腫  池田耕士
  脂肪性腫瘍  柏木伸夫
  血管腫,血管奇形  柏木伸夫
 悪性腫瘍
  粘表皮癌  柏木伸夫
  腺様嚢胞癌  柏木伸夫
  腺癌NOS  柏木伸夫
  腺房細胞癌  柏木伸夫
  多形腺腫由来癌  柏木伸夫
  唾液腺導管癌  柏木伸夫
  多型低悪性度腺癌  柏木伸夫
  上皮筋上皮癌  柏木伸夫
  筋上皮癌  柏木伸夫
  基底細胞腺癌  柏木伸夫
  オンコサイト癌  柏木伸夫
  原発性扁平上皮癌  柏木伸夫
  脂腺癌  柏木伸夫
  転移性腫瘍  柏木伸夫
  悪性リンパ腫  柏木伸夫
 非腫瘍性疾患
  唾石症  柏木伸夫
  粘液貯留嚢胞(ガマ腫など)  柏木伸夫
  耳下腺気腫症  池田耕士
  木村氏病  柏木伸夫
  ウェゲナー症候群  柏木伸夫
  IgG4関連疾患  柏木伸夫
  シューグレン症候群  柏木伸夫
  リンパ上皮性嚢胞  柏木伸夫
  感染性疾患  柏木伸夫
全文表示する

関連する
オススメ書籍