明日からできるエビデンス構築

スコーピングレビューが
短期間で読める・書ける本

スコーピングレビューが短期間で読める・書ける本

■監修 片岡 裕貴

■編集 北川 孝

定価 4,180円(税込) (本体3,800円+税)
  • A5判  216ページ  2色,イラスト60点,写真80点
  • 2024年2月3日刊行
  • ISBN978-4-7583-2258-4

増刷中のため出来次第出荷いたします。


刊行前重版決定! “スコーピングレビュー”って何? そんな人のために読み方や活かし方,さらには自分で実施して論文を投稿するまでを丁寧に解説!

近年注目が集まっている“スコーピングレビュー”の医療従事者向け入門ガイド。
主に論文の知識はあるが執筆経験は浅い研究初心者を対象に,エビデンスギャップを特定して次に研究が求められる臨床疑問を明らかにするスコーピングレビューの手法やその意味/読み方,日常業務に活かす方法,さらには実施するにあたってのポイント,英語で論文を書いてアクセプトにこぎつけるまでの各種ツールの使い方までを丁寧に解説。


序文

監修の序

 本書は,医療従事者がスコーピングレビューの基本を理解し,実際にスコーピングレビュー論文を書いて投稿するまでの理想的なガイドブックです。スコーピングレビューは,読者の皆さんに馴染みのある,どの治療がよいかを明らかにすることなどに役立つシステマティックレビューとは少し異なった,エビデンスギャップを特定するような疑問に答える文献レビューの一種です。私は研究初心者の方に,文献レビューをすることで,文献の調べ方,読み方について学んでいただく取り組みをしています。しかしながら,よくあるA薬とB薬の比較をするようなタイプのシステマティックレビューについては,競争相手が多く,新規性のある臨床疑問を見出すことは難しくなってきています。一方でスコーピングレビューは,ここ20年ほどで新しく進歩してきた方法でもあり,まだまだ新規性のある研究をする余地があります。またスコーピングレビューによって,次に必要な研究を明らかにすることは,皆さん自身が実施する次の研究の指針となってくれます。
 理学療法士であり,本書の主筆である北川 孝先生は,自身で投稿される以外にも多くのほかの医療者とともにスコーピングレビューを実施された経験があります。世界標準の方法論とご自身の経験を元に,初心者に向けた読み方,書き方について余すところなく解説いただきました。本書を読むことで,スコーピングレビューの意味,実施するに当たって注意すべきポイント,結果をわかりやすくビジュアル化する方法,英語が苦手でも各種ツールを使いながら論文執筆を行いアクセプトにこぎつける方法,といった知識を身につけることができます。
 本書を読まれた皆さんが,スコーピングレビューの読み方を身につけ,そして実際に書いて世に問うことで,次の一次研究に結びつけていくことを期待しております。そこから始まる日本発の臨床研究の増加は,患者ケアの向上につながると確信しております。

2024年1月
片岡裕貴
全文表示する
閉じる

目次

1章 スコーピングレビューとは何か  北川 孝,林 昌輝
 1 スコーピングレビューの歴史とその他のレビュー研究との違い
2章 スコーピングレビューの読み方
 1 背景の読み方  奥山 航,北川 孝
 2 方法の読み方  小野田祐紀,北川 孝
 3 結果の読み方  奥山 航,北川 孝
 4 考察の読み方  小野田祐紀,北川 孝
3章 スコーピングレビューの書き方
 1 スコーピングレビュー作成の全体像  北川 孝
 2 予備検索  前田大忠,北川 孝
 3 レビューテーマの協議/レビュークエスチョンの決定
 4 適格基準の確立  槶原勇人,北川 孝
 5 データベースの検索  倉澤康之,北川 孝
 6 灰色文献の検索  池田朋大,北川 孝
 7 プロトコルの作成と登録  金子隆生,北川 孝
 8 1次スクリーニング
 9 2 次スクリーニング
 10 データ抽出  近 裕介,佐々木康貴,北川 孝
 11 結果の提示
 12 考察の書き方  納土真幸,北川 孝
 13 結論の書き方  北川 孝,納土真幸
4章 スコーピングレビューの公表から出版まで  北川 孝,林 昌輝
 1 初学者向け 学会発表のストラテジー
 2 初学者向け 論文執筆のストラテジー
全文表示する
閉じる

関連する
オススメ書籍

会員登録されている方

メールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

注)共有パソコンの方はチェックを外してください。

会員登録されていない方

会員登録されると次回からお客様情報をご入力いただく必要がありません。
また,購入履歴の確認ができる便利な機能がご利用いただけます。

個人情報の取り扱いについてはこちら