大阪南医療センター編

実践 関節リウマチ診療

内科治療から外科手術まで

実践 関節リウマチ診療

■監修 橋本 淳
大島 至郎

■編集 野口 貴明

定価 5,500円(税込) (本体5,000円+税)
  • B5判  140ページ  2色(一部カラー),イラスト40点,写真100点
  • 2022年2月3日刊行
  • ISBN978-4-7583-2172-3

どんな手術があるの? グレーゾーンはどう診るの? 大阪南医療センターでのリウマチ診療を基に, 適切な外科治療介入のタイミングを逃さないために内科医・外科医として必要な知識が得られる一冊!

リウマチ内科・外科両方を有する大阪南医療センターでのリウマチ診療を一挙公開!
内科治療はガイドラインの紹介に留まらず,ガイドラインでは対応が難しい症例(いわゆるグレーゾーン)への対処法についても,センターで実際に行っている診療内容を紹介。外科治療は大きく
上肢・下肢で分け,整形外科医が知っておくべき最低限の知識(手術適応,入院期間,手術のメリット/デメリット)とともに,大まかな手術の流れを解説する。
適切なタイミングで患者へ外科治療を提案できることを目指して,内科医・外科医ともに知っておくべき知識をまとめた一冊。


序文

 『実践 関節リウマチ診療』は,関節リウマチの薬物治療の進歩とともに外科的治療も急速に変化してきており,その現状を内科・外科両面からわかりやすく皆様に伝えることを目的としております。
 関節リウマチは現代医療では治癒することが難しく,長期間の治療が必要となります。そしてその治療のなかで患者のADLは病態や年齢によって変化していきます。リウマチ治療を強化する場合や,外科的治療が必要な場合もあります。根本的なところでいえば,リウマチの診断が遅れれば治療開始も遅れてしまいます。人生100年時代に突入しており,関節リウマチ患者のADLを担保できる治療をわれわれは目指さなければなりません。
 筆者も整形外科医になり立てのころは関節リウマチを疑う患者が外来にこられたら,何を調べればいいのかわからず,教科書を読みながら検査をオーダーした思い出があります。また高度に関節変形し機能障害をきたした患者を診察したときは,誰に相談したらいいのか,教科書をみてもどのように治療を進めていけばいいのかわかりませんでした。関節リウマチ専門医となってから感じたことは,関節リウマチを専門としていない整形外科医が診断が遅れないようにするにはどうしたらいいか,診断したが自分で治療を進めなければいけない場合はどうしたらいいか,また内科リウマチ医は患者が関節変形で機能障害をきたしている場合に手術適応の判断や診察をどのように進めていくのか,ができていないということです。もちろん整形外科医も筆者の若いころと同様,関節リウマチ患者の手術適応や変形に対する診療の進め方について知っている人は少ないと感じます。治療の進歩とともにそれだけリウマチ医療は専門性が高くなっているということでもあります。しかし関節リウマチ患者の診断や治療,手術適応や手術内容についてはその分野にかかわる医師として知っておくことが患者に不利益を与えないことだと思います。そういう思いから本書は大阪南医療センターのリウマチ内科治療のエキスパートであるリウマチ内科の先生方に基本的な診断,治療について詳しく説明していただき,外科的治療に関しては筆者を含めた経験豊富なリウマチ整形外科医が執筆いたしました。
 編集責任者として,忙しいなか執筆していただいた先生方や大阪南医療センターでリウマチ医療にかかわっているスタッフの方々に深く感謝申し上げます。本書がこれからリウマチ医を目指す医師や,リウマチ患者とのかかわりがある診療をされている医師の診療レベルの向上,ならびに患者にそれが還元できることを切に願っております。

2021年12月大阪南医療センター整形外科
野口貴明
全文表示する
閉じる

目次

Ⅰ 総 論
 関節リウマチの内科的治療  [大島至郎]
  RA の内科的治療
  RA の特性から考えた内科的治療
 関節リウマチの外科的治療  [橋本 淳]
  「RA は人生全体をみる全人的医療が必要な疾患である」ことの
   理解を要するRA の外科的治療
  多職種連携のなかでのRA の外科的治療のとらえ方
  人生100 年時代に重要度の増しているRA の外科的治療
  進歩の著しいRA の上肢や足の手術

Ⅱ 診 察
 見逃さない・悩まない診察テクニック  [礒田健太郎]
  問診,病歴聴取
  身体所見
  検体検査
  画像検査
 手術適応とそのタイミング ①上肢  [秋田鐘弼]
  RA 上肢の治療目的
  治療方針の決め方
  手術のタイミング
 手術適応とそのタイミング ②下肢  [野口貴明]
  RA 足に関する知識
  X 線撮影の重要性
  一度は視診する
  治療方針の決め方
 手術適応とそのタイミング ③脊椎  [橋本 淳 ]
  QOL と生命予後の両者に関与する関節リウマチ(RA)頚椎病変
  歩行機能障害を見逃さない診断学
  歩行機能障害の診断体系をもつ
  頚椎病変由来の歩行機能障害をRA 診療のなかで見逃さないコツ
  胸椎・腰椎・骨盤病変に関して
  頚椎由来の歩行機能低下を疑えば,すぐにMRI を撮り脊椎クリニックへ

Ⅲ 治 療
 内科的治療  [礒田健太郎]
  治療の目的
  診療ガイドライン
  治療薬
 外科的治療 ①関節リウマチの上肢手術  [池田将吾,秋田鐘弼]
  肩関節の障害に対する手術
  肘関節の障害に対する手術
  手関節の障害に対する手術
  疼痛のない手の変形に対する手術
 外科的治療 ②関節リウマチの下肢(足部)手術  [野口貴明]
  足関節の変形(距腿関節)に対する手術
  中後足部の変形に対する手術
  前足部の変形に対する手術
  サルベージ手術
全文表示する
閉じる

関連する
オススメ書籍