新DS NOW 12

リンパ節郭清手技を究める[上部消化管編]

リンパ節郭清手技を究める[上部消化管編]

■編集 白石 憲男

定価 11,000円(税込) (本体10,000円+税)
  • i_movie.jpg
  • A4判  240ページ  オールカラー,イラスト210点,写真210点,Web動画42本/120分
  • 2021年12月3日刊行
  • ISBN978-4-7583-1661-3

避けては通れない「リンパ節郭清」の安全かつ効率のよい手技を丁寧に解説!

消化器外科医が避けては通れない「リンパ節郭清」にスポットを当て,安全な郭清手技について丁寧に解説。経験豊富な執筆陣が,基本となる手技だけでなく安全かつ効率のよい郭清手技のコツについても説明している。また各項目では,知っておかなければいけない解剖学的知識や,合併症の予防法,また合併症が起きてしまった場合の対処法も詳しく解説した。イラストや写真も多数掲載し,動画も豊富に付録しているため,手術のイメージを膨らませながら読み進めることができる。


序文

 皆様に支えられて『新DS NOW』シリーズも早いもので第12巻を出版することとなりました。2008年に始まった『DS NOW』シリーズは,消化器外科専門医に必要な手術手技を習得していただくためのガイド書として編纂され,多くの方々にご利用いただきました。読者の皆様からさらなるアドバンスシリーズを待ち望んでいるというお声をいただき,2019年に『新DS NOW』シリーズが企画されました。『新DS NOW』シリーズは,『DS NOW』シリーズからさらに一歩踏み込んだ内容の企画を取り上げることとし,これまでに消化器外科の領域における標準手術手技やディベート中の手術手技などをテーマとしてエキスパートの先生方にご解説いただき,好評を得てきました。
 手術書を手にする外科医は,これから手術を究めたいという比較的若い外科医が多いだろうと思います。そこで第12巻は,上部消化管癌に対する外科手術の原点に還り,en blocリンパ節郭清の手技を企画しました。消化管癌に対する手術,とりわけリンパ節郭清手技の基本は,「剥離レイヤー(層)」と「切離ライン」といわれています。このようにリンパ節郭清では,面と線を意識した手技が求められるとともに,解剖や組織の特性を生かした手術手技を習得することが重要です。そこで第12巻『リンパ節郭清手技を究める[上部消化管編]』では,解剖や組織に裏打ちされた上部消化管癌に対するen blocリンパ節郭清のコツについて,エキスパートの先生方にイラストと動画でご解説いただくこととしました。多くの外科医の皆様に本書を利用していただき,さらなるスキルアップに役立てていただければ,望外の喜びです。
 最後に,大変お忙しい中,編集委員の意図をご理解いただき,きめ細かな注文や修正に対応していただきました執筆者の先生方に心から感謝いたします。また,発刊に向けてご尽力いただきましたメジカルビュー社の担当諸氏にも御礼申し上げます。 

2021年10月
白石憲男
全文表示する

目次

Ⅰ.食道亜全摘術
 頸部リンパ節郭清  [谷山 裕亮]
 胸腔鏡下上縦隔リンパ節郭清(腹臥位による手技)  [白川 靖博]
 胸腔鏡下下縦隔リンパ節郭清(腹臥位による手技)  [細木 久裕 ほか]
 縦隔鏡下中縦隔リンパ節郭清(頸部創アプローチ)  [鈴木 浩輔 ほか]

Ⅱ.幽門側胃切除術
 腹腔鏡下胃大彎リンパ節(No.4sb,4d)郭清   [田中  毅 ほか]
 腹腔鏡下幽門下リンパ節(No.6)郭清  [石田 善敬 ほか]
 腹腔鏡下膵上縁リンパ節(No.8a,11p,7,9)郭清  [佐藤 雄哉 ほか]
 腹腔鏡下胃小彎リンパ節(No.5,1,3)郭清  [山本 和義 ほか]
 ロボット支援下幽門下リンパ節(No.6)郭清  [尾﨑 知博 ほか]
 ロボット支援下膵上縁リンパ節(No.8a,11p,7,9)郭清  [佐川 弘之 ほか]

Ⅲ.胃全摘術・食道下部切除術
 腹腔鏡下膵尾側上縁・脾門部リンパ節(No.11d,10,2)郭清  [木下 敬弘]
 腹腔鏡下経裂孔的下縦隔リンパ節(No.110,111,112)郭清  [江原 一尚]
全文表示する

関連する
オススメ書籍